<< 新聞は冬の時代に 平井修一 | main | 世界的な金融危機が中国を直撃 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







北朝鮮は核保有国と米軍報告書 古沢襄
韓国の朝鮮日報が「北朝鮮は核保有国」と米軍報告書が明記したのをすっぱ抜いている。報告書はアジア大陸の沿岸には”すでに”五カ国の核保有国があるとして、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、ロシアの五カ国を「核保有国」として明記している。

米政府が報告書で北朝鮮を「核保有国」と明記したのは初めて。ブッシュ政権下では認めていなかった「核保有国」が政権末期になって本音がポロリと出た感じだ。

北朝鮮の核の脅威を受けるのは米国よりも日本なのだが、米統合戦力軍報告書の「2008年合同作戦環境評価報告書」を伝える日本のメデイアはない。

もっとも国防総省筋と違って国務省筋は「米政府として報告書をすぐに修正する」と述べているそうだ。日本の反応が気になるのかもしれない。その心配はない。日本は国内政治で混乱を極めている。

<米統合戦力軍(USJFCOM)の「2008年合同作戦環境評価報告書」で、北朝鮮が「核保有国」と明記された。

9日に公開された同報告書では、太平洋・インド洋地域についての分析で「アジア大陸の沿岸にはすでに5カ国の核保有国があり」と表現し、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、ロシアの5カ国を「核保有国」として明記した。

北朝鮮を「核保有国」に含めた根拠として、同報告書は「北朝鮮はすでに核実験を行い、さらに多くの核兵器を製造できるだけの核物質を生産した」と説明した。

また、「事実上、西のイスラエルから、核保有国として浮上しているイラン、パキスタン、インドを経て、東の中国、北朝鮮、ロシアに至るまで、「核保有国の弧」が拡大の一途をたどっている」と評価した。さらに同報告書は、北朝鮮軍の大規模な閲兵式の様子を写した写真も掲載した。

米国政府の報告書で北朝鮮を「核保有国」と認め、中国、ロシアなどの既存の核保有国と同列に並べたのは今回が初めてだ。

これに対し、外交通商部の文太暎(ムン・テヨン)報道官は、「米国は北朝鮮が核保有国ではないという姿勢を取っている」と述べた。また、ワシントンの韓国大使館のある幹部も「米国家安全保障会議(NSC)で、報告書の記述は誤ったものであり、すぐに修正するという意向を表明した」と語った。

一方、オバマ次期米大統領は昨年10月2日、イラク戦争に反対する自らの演説から5周年を迎えたのを記念してシカゴで行った行事で、北朝鮮を「核クラブ(核保有国)」に含めている。

当時、米国国営ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が報じたところによると、オバマ次期大統領は「インド、パキスタン、北朝鮮が核クラブに合流し、イランもその入り口に立つなど、米国に対するこれらの核保有国の脅威は次第に増している」と述べた。(朝鮮日報)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(12月6日現在2568本)
| - | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:43 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/902960
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE