<< 風邪とインフルエンザ 渡部亮次郎 | main | きりたんぽ鍋怖い 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ああ、週刊誌・・・ 花岡信昭
週刊誌というのは、「見出し先にありき」で、おもしろく仕立てるのが売りだ。新聞などのメディアが切り込めないところまで思い切って踏み込むから、存在価値があった。

だが、ここまで「作文」が過ぎると、いったいどういうことになるのか。

このところ、この問題ばかりにかかわっているが、「田母神論文」だ。

筆者は何度も言うようで恐縮だが、審査委員として関係したことから、あえて、自分の役割を演じようとしてきた。

それは、審査委員長の渡部昇一・上智大名誉教授や小松崎和夫・報知新聞社長に細部まで説明をお願いするというのは、お立場を考えるとよくないと思ったからだ。

審査委員の中で筆者が最も自由に対応できる立場にあると判断し、週刊誌などの取材には懇切丁寧に応じてきた。

もう1人の審査委員だった中山泰秀衆院議員(論文募集の開始当時、外務政務官)は秘書を審査会に出席させた。自身が出席できないのであれば審査委員を辞退すればいいと思っていたのだが、案の定、この秘書は「自分は田母神論文に零点をつけた」と公言した。

この秘書の真っ赤なウソによって、審査経過に疑問が持たれることになってしまった。田母神氏の最優秀賞が工作によって仕組まれたものではないか、という見方を広めてしまったのだ。

この秘書の罪は重いのだが、中山議員からはこちらに何も話がない。政治問題化してしまったから、議員と秘書が一緒になって、「保身」を決め込んだのだろう。

で、まず「サンデー毎日」(11月23日号)。ここからは取材はなかった。

なんと見出しは「またもや防衛省のトンデモ不祥事 前空幕長とアパグループ代表の『イーグル疑惑』 癒着の点と線」とある。

論文募集を企画したアパグループの元谷外志雄代表が昨年8月、小松基地でF−15(イーグル)に試乗したことを取り上げ、今回の懸賞論文300万円はその見返りとして贈られたものだ、といった調子の記事だ。

これは審査委員の1人として厳重に抗議せねばなるまい。「見返り工作」に加担したといわれているのと同じだからだ。

ここまで「ヨタ話」を作り上げることができる能力はたいしたものだが、週刊誌の「劣化」を示す好例かもしれない。

田母神氏が小松基地友の会会長の元谷氏のF−15試乗を認めたのは、その宣伝効果を見極めた結果にほかならない。民間人を戦闘機に乗せる以上、最大の効果がなくては意味がない。それだけの話である。

さらに、「週刊朝日」(11月21日号)。ここからは丁寧な電話取材があった。これに真摯に対応したつもりなのだが、やはり、「見出し先にありき」の典型だった。

アパグループが発刊している「アップルタウン」という月刊誌がある。オールカラーの豪華版で、全国のアパホテルの部屋に置いてある。

この昨年6月号の記事と今回の田母神論文が酷似しているというのである。

見出しは「アパグループ代表のF−15搭乗に裏あり 賞金300万円論文に『原作』あり?」である。サンデー毎日と同様、F−15試乗と結び付けている。

昨年6月号の記事というのは、元谷氏が毎月、私邸で開いている「ワインの会」に田母神氏が出席、そこでのやり取りをまとめたものだ。

田母神氏が出ている会のもようをまとめた記事なのだから、田母神氏の所論が中心になっていても、いっこうにおかしくはない。

週刊朝日は審査の模様にも疑問を突きつけている。審査経過については何度も書いてきたのだが、執筆者名を伏せた論文を審査し、元谷氏を含めた5人全員が点数をつけた結果、田母神論文が最高点となったものだ。

そこに中山議員の秘書の発言にあらわれたような虚偽が出回ったことで、おかしなことになったようだ。

田母神氏の最優秀賞受賞を審査委員が知ったのは、防衛省記者クラブで発表された10月31日だったなどと書いている。

これも意地悪な見方だ。2回目の審査会で田母神氏が最優秀賞に決まったのだが、現職空幕長の受賞ということから政治問題化は必至と見て、元谷氏が田母神氏の意向を再確認することを「条件」とする、といったニュアンスであった。

審査委員の仕事はその2回目の審査会で終わったのである。その後、田母神氏の反応がどうであったかといったことや、10月31日に発表するということを、一部の審査委員には知らされていなかった、という程度のことに過ぎない。

11日の参考人聴取で、週刊誌記事を踏まえて質問されたのではたまらない。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(11月5日現在2470本)
| - | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:49 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/893742
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE