<< 「和」の心が世界を救う 平井修一 | main | 惨憺たるウォール街 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







工場閉鎖が相次ぐ広東 宮崎正弘
中国の玩具メーカー、じつに52・7%が倒産、残りも近く倒産を予感。がら空きの広東貿易フェア、年末の注文が激減し、ようやく恐怖心理が拡大。

スポーツ・シューズとアパレル企業が上半期だけで62000社廃業した。華南とりわけ広東省だけの「公式」の数字。
実態はもっと大きいだろう。

凄惨な輸出戦線の現場と化しているだろう、と推測できた。その恐怖は本物となって、工場閉鎖が相次ぐ広東の模様が、今朝(16日)のヘラルドトリビューン一面トップである。
一昨年来、毒入り食品、ペットフーズ、インチキ風邪薬、鉛入り玩具等々。中国から米国への輸出は「身から出たさび」によって、激減してきた。

それでもテレビのリモコン、ステレオのヘッドフォンなど、群小のメーカーが広東にひしめきあって輸出商戦を広げてきた。

その集約的フェアが広東貿易市。

今年の中国最大の貿易フェアは、信じられないほどのがら空き。欧米からバイヤーが絶えたのだ。

わずかに産油国とロシアとアフリカ諸国からのバイヤー。広場に「通訳」のプラカードをさげての「通訳業」も雇用主あらわれず手持ちぶさた。

余談だが、中国で地方都市の繁華街は「家庭教師」のプラカードを下げた大学生(それも圧倒的に女子学生)が密集し、親たちは、その辻へやってきた、「あなたは英語が得意?数学はどう?」などと会話しながら家庭教師(「家教」と略す)を選ぶ。国際会議にしても、こうやって通訳は辻々に立つ。

さて、中国にようやく、しかも突然の襲われた大不況は輸出産業の壊滅的打撃であり、それが、ウォール街発の米国経済の不況によってもたらされた。因果応報?

すでに五月からクリスマス商戦の注文が殺到する季節だったのに、米国のバイヤーの沈黙。

「ん? こんな筈ではないのに」と注文予定をにらみながら工場経営者は、生産ラインを縮小し、従業員整理を進めてきた。

夏を過ぎて、欧米の注文が激減しているばかりか、相手バイヤーに倒産が目立ち、さらには貿易決済の最終地であるNYやロンドンで銀行経営が破綻する事態を目撃した。

工場閉鎖は数万から十数万の単位となり、失業は数百万。潜在失業は数千万人の単位となるだろう。十三億の民ゆえに、GDP1%のダウンは失業500万人とカウントされる。

「たとえば玩具メーカーのうち、すでに52・7%が廃業、残る3631社の多くがまもなく倒産するだろう」(ヘラルド、10月16日付け)。

遼寧省から山東省にかけて、昨年まで増加していた韓国企業の進出がぴたりと止まり、年初から目立つのは韓国企業の“夜逃げ”。

正式に撤退すると「契約違反」と言われて違約金を巻き上げられ、生産施設は没収されるため、日本企業でも撤退は「一億円用意」が相場という。韓国企業は手っ取り早く、さっとトンズラする。その決断も早い。

或る青島在住日本人の報告では、外人用賃貸マンションに急激な空きが生じていて、その多くが「前の居住者は韓国人だった」と嘆いているそうな。

中国を次に襲う未曾有の不況は、日本経済にかなりのブローとなるだろう。


(読者の声1) ハイエナと禿鷹に囲まれて生き延びるのは至難の業ですね。

卓越した『国家戦略』を有していないと何れは何方かの餌になるだけですか。「死ぬまで悟る事のない蛮夷の陋劣」ですから仕方ありませんか。

貴誌昨日コメントに「欧米はさすがに戦争慣れしている。大兵力投入で一挙に血路を開いた。」とあるのを読んで、ふと若かりし頃を思い出していました。

若きサラリ−マン時代、或る地域に訪販員を動員して『絨毯爆撃』と称する作戦で訪販の成果を上げていましたが、戦争に例えた自論が「逃がさない事、勝つ事が目的ならば小銃で長時間撃ち合い、戦況に応じて小隊を適時繰り出すよりも大砲を一発打ち込め、其の方が経費も少なく成果も上る」などと吼えていましたので経理からは随分と嫌がられたものです。

素人判断で恐縮ですが、米国のバブル崩壊と日本のバブル崩壊は原因の背景が違っている様な気がします。

日本の場合は飛行機が急上昇して失速したのが墜落の原因で、言わば株価の粉飾の様な物と想うのですがですが、米国の場合は一般大衆へ不要で、収入を大幅に上回る法外な押し付け貸し出しが起因していますので、金融機関に公的資金を投入したからといって消費が伸びる訳ではありません。だから大衆層の購買力が付くまでは、金融機関に公的資金を投入しても一時凌ぎの効果しか期待できず、本格的な株価の上昇にも繋がらないし本格的な不況はこれからだ、と思っています。

野党は貸し渋りを咎めて『無担保』でも貸し出せと吠えていますが、投資的、或いは支援的貸し出しはしても、元来返してくれそうにない人に金を貸さないのは金融業の鉄則。

人情だけで金を貸せば、石原都知事が胸を張る「新東京・銀行」の様に成り、裏社会が歓ぶだけ。400億円の中には裏社会の踏み倒し金も相当額含まれている物と思っています。設立当初より見えていた事ではありますが。(TK生、佐賀)

(宮崎正弘のコメント)おっしゃる通り、ウォール街の反発はわずか一日、一夜明けて昨15日は、またまた暴落です。市場は恐慌的心理が支配し、理論値よりはるかに下降し続ける。ソロスはこれを「合成の誤謬」と言いましたが。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(10月1日現在2358本)
| 宮崎正弘 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/884440
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE