<< 吉と出るか凶と出るか? 宮崎正弘 | main | ウォール街、再下落を始める 宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







当たった従兄弁護士の予言 古沢襄
「セレブとベランメーが同居している変な政治家」・・・麻生産業の顧問弁護士だった従兄の古沢昭二氏の麻生太郎評である。数年前にガンで亡くなったが「漫画本を読む変な政治家だが総理になるよ」と言っていた。

政界のことは従兄よりも知っている自負がある私は「そうかな?宏池会のプリンスは加藤紘一。紘一の後は谷垣禎一だから麻生の目はないよ」と否定したものだ。

古沢一族で一番仲が良かった二人なので、毎週の様に魚河岸の寿司屋で酒を飲んだ。酔うとからみ癖がある従兄。「政界のことは詳しいかもしれないが、麻生太郎のことは私の方が知っている」ときた。

昭和二年生まれの昭二氏は中央大学法学部を出て司法官試験に合格したが、私大出が少ない検察官や裁判官にはならないと最初から弁護士になった変わり者。麻生産業とロッテ製菓の顧問弁護士だったので生活には不自由しない。気に入ると無料で弁護を引き受けて忙しい思いをしていた。

昨夜は麻生太郎氏が自民党総裁に選ばれた夜のテレビ・ニュースを見ながら一人で晩酌をして昭二氏を偲んだ。「昭二さんが言っていたことが当たったね」と。

だが国際的な反響はいまひとつという感じが残る。外国のメデイアの関心は至って薄い。韓国が警戒心を示した程度だ、

ロイター通信社が麻生新総裁の記事を書いているが味も素っ気もない。パキスタンの政治情勢の方が大きく扱われている。日本の総理大臣が誰になろうとアジア情勢には影響しないということだろうか。

<自民党は22日午後、麻生太郎幹事長(68)を第23代総裁に選出した。国会議員と都道府県連代表の投票で麻生氏は投票総数527票の66%強の351票を獲得し、4候補を大差で破った。24日に福田康夫首相の後継となる第92代首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。麻生氏は両院議員総会で「総選挙で断固、民主党と戦わなければならない」と衆院選勝利へ決意を表明した。(ロイター)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(9月20日現在2333本))
| - | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:38 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/875965
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE