<< 「日暮硯」松代藩の財政再建(9) 翻訳:平井修一 | main | ニューヨーク市場が年初来安値 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







民主党のメデイア露出作戦? 古沢襄
自民党総裁選の話題に埋もれて存在感が稀薄となった民主党がアノ手コノ手の”メデイア露出作戦”に出ている。メデイアが飛びつきそうな話題造りにきゅうきゅうとしている様は漫画チックだが、背に腹はかえらない台所事情が透けてみえる。

小沢代表が岩手四区から関東の選挙区に国替えするとという鳩山幹事長のテレビ発言は新聞もテレビも大きく扱った。大方は東京12区で公明党の太田代表との一騎打ちになると予測した。

だが一夜明けたら当の小沢代表が「今どうこうと決めているわけではない」と打ち消しに回っている。解散・総選挙近しということで、一次公認を早めた民主党なのに「今どうこうと決めているわけではない」とは何とも摩訶不思議な話。だが、これでメデイアに二回露出することができたからシメシメということか。

その小沢代表は記者会見で国民新党との合流を予告した。あいにくの新聞休刊日なので新聞に露出しないが、16日に国民新党の綿貫代表と会うことを予告している。小沢・綿貫会談がメデイアの関心を呼ぶのは必定。

だが、これも相手があることだから一日で決まるものではなかろう。メデイア露出作戦の一環とみておいた方がよい。ダボハゼのごとく話題に飛びつく新聞やテレビもご苦労なことである。そのうちに”オオカミ少年”にならねば良いが・・・。

<民主党の小沢一郎代表は15日、松山市内で記者会見し、次期衆院選で地元・岩手4区以外から立候補するかどうかについて「今どうこうと決めているわけではない」と述べ、明言を避けた。

小沢氏の「国替え」については、鳩山由紀夫幹事長が14日、記者団に「岩手4区から出馬しないと聞いている」と明言していた。

しかし小沢氏はこれには直接言及せず、「(12日に党が発表した)1次公認の中に入っていなかったから、憶測を呼んでいるのだと思う」と述べるにとどめた。(毎日)>

<民主党の小沢一郎代表は15日、松山市で記者会見し、国民新党との連携の在り方について「同党とは(次期衆院選の)いくつかの選挙区で競合している。そこは徹底的に調整したいが、調整するには一つになることも選択肢だろう」と述べ、合流を検討していることを明らかにした。

小沢氏は16日、国民新党の綿貫民輔代表と会談し、民主、国民新両党が衆院選マニフェスト(政権公約)にそれぞれ盛り込む郵政民営化見直しの扱いについて協議する予定。小沢氏は会見で「その時にまたどうするか話してみたい」と語った。 

両党間では、青森4区、長野4区などで候補者調整が難航しており、小沢氏としては、調整を加速するには、合併も検討する必要があると判断したとみられる。ただ、両党内には「選挙目当ての野合と批判される。衆院選が迫る中で、ばたばたと進められる話ではない」(国民新幹部)との否定的な意見もあり、合流構想の行方は不透明だ。

両党は昨年10月に参院で統一会派を結成。国会同意人事をめぐる行き違いから一時関係が悪化したが、7月の党首会談で次期衆院選で選挙協力を行うことで合意。候補者一本化に向けた調整を進めている。(時事)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(9月2日現在2233本)
| - | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:11 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/873288
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE