<< 軍事パレード閲兵に出なかった 古沢襄 | main | 趙明録・金永春と李乙雪 古沢襄 >>
権力の移譲を示す兆候はない 古沢襄
<【ワシントン9日時事】北朝鮮の金正日労働党総書記が重病に陥った可能性があるとの情報は9日、欧米の主要メディアによって一斉に報じられた。情報の出方から見て、米情報当局者が一部記者を集め、匿名を条件に説明したとみられる。

ロイター通信は西側情報当局者の話として、「金総書記に健康問題が生じているようだ。脳卒中の可能性がある」と報じた。ただ、現在のところ北朝鮮で権力の移譲を示す兆候はないとされる。

ペリノ米大統領報道官は「われわれは、そうした情報を把握していない」と語った。しかし、AFP通信によれば、米情報当局者は金総書記が重病とする情報評価に「相当の自信」を持っていると述べたという。(時事)>

北朝鮮の建国60周年の軍事パレードに金正日総書記がひな檀から閲兵しなかったニュースは世界を駈けめぐった。ワシントン時事は「金正日が重病に陥った可能性がある」とする欧米通信社の情報が、米情報当局者によって一部記者に対して匿名を条件に説明した可能性を伝えている。

北朝鮮にとって最大の支援国である中国は、金正日総書記の重病説には懐疑的な態度をとり続けている。北京からの北朝鮮情報は、かなり押さえたものになっている。米国も重病説を公式には認めていない。

しかし各国の情報担当者は、いずれも重病説の情報評価をかなりの高い確度で判断している。また、北朝鮮で金正日総書記が失脚し、軍部が実権を握ったとする”権力の委譲説”は出ていない。

いずれにしても金正日独裁の軍事国家で、軍事パレードの閲兵に最高指導者が姿を見せない状態は普通ではない。六カ国協議などに対する影響も出るのではないか。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(9月2日現在2233本)
| - | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 02:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/871129
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE