<< 平沼赳夫は立たないのか 平井修一 | main | 国内景気回復だ! MoMotarou >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







地方県連に麻生支持の動き 古沢襄
自民党の総裁選挙は衆参両院議員と47都道府県連幹部(各三票)による選出となる見通しだが、福岡など22県の幹事長らが麻生太郎幹事長を支持していることが分かった。共同通信社のアンケート調査による。

25都道県は、まだ態度を明らかにしていないが、麻生氏が後継総裁の大本命として地方県連に浸透している模様だ。

<共同通信社は2日、自民党総裁選について全国47都道府県連幹部に緊急アンケートを実施。福岡など22府県の幹事長らが、福田康夫首相(党総裁)の後継として麻生太郎幹事長を支持すると回答した。一方「まだ、顔触れが出そろっていない」(三重)などと、全体の半数を超える25都道県が、未定か無回答と、模様眺めの構えをとっている。

現役幹事長という党要職を務め、2007年9月の総裁選でも健闘した麻生氏の知名度が、地方組織にも広く浸透していることが示された。

ただ、麻生氏を一番手に挙げながらも「衆院選を考えれば、小池百合子元防衛相、野田聖子消費者行政担当相の両女性議員もいい」(滋賀)と、別の候補に言及するケースも複数あった。

麻生氏支持の理由については「経済問題をずっと論議し続けている」(茨城)、「重要閣僚、党3役を歴任し、すべての面に精通している」(山口)などが挙がった。

総裁選の在り方では、41都道府県から党員・党友が広く参加する「総裁公選」を求める声が出ており、東京、神奈川、群馬、三重はすでに、独自に予備選を行う方針を固めている。(共同)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(9月2日現在2233本)
| - | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:41 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/868497
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE