<< 蕎麦談義いろいろ 古沢襄 | main | 懐かしや鯰の味噌煮 渡部亮次郎 >>
東北に大地震が集中 古沢襄
日本列島はこのところ東北にM6クラスの大地震が集中している。岩手・宮城内陸地震は大きな被害を出したが、それ以降も二度の福島沖を震源地とした地震、茨城沖の地震もあった。

24日未明の岩手県沿岸北部を震源とする広域地震はM6・8。安政大地震、関東大震災クラスの大地震だから、東京直下型だったらと思わずにおれない。東大地震研究所の平田直教授は「太平洋プレートが東北地方の下に沈み込んでいるところで起きた地震」とみる。

震源の深さが約120キロ(気象庁は約120キロと速報した後、約108キロと修正)と深い場所で起きたため、広範囲に揺れが広がった。私のところも岩手・宮城内陸地震以来、震度4と思うくらいの揺れ方をした。犬は本能的に地震がくることを予知するらしい。

人間が感得できない地震波が犬には分かる。愛犬バロンは岩手・宮城内陸地震の時も激しく吠えた。地震がくるな、と思っていたら横揺れがきた。24日未明も突然、ベットの上に飛び乗ってきて吠えた。

このところ地震がくると東北自動車道は通行止めとなるが、解除も早い。都市型の高速道と違って架橋型でないから、地割れがなければ通行可能となる。M6・8が東京直下でくれば、こうはいかない。

24日未明の地震被害は、これから明らかになるが、首相官邸の危機対応が早かった。阪神・淡路大震災の時の村山内閣の後手対応と比較すれば、福田内閣の危機対応能力は合格点がつけられる。とかく首相と合わないと更迭論がでる町村官房長官だが、このような危機対応になると行動が素早く安定している。

月内に内閣改造が噂される福田首相だが、今の閣僚を大幅に替える冒険はしないであろう。小幅改造論が噂されている。小幅なら目玉となる改造人事が必要になる。

いろいろ考えて、石橋を叩いて渡る慎重居士の福田さんだが、叩いた末に渡らない可能性は?それはそれで大騒ぎになり、地震波が東北から永田町にくるのだが・・・。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(7月7日現在2022本)
| - | 06:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:23 | - | - | pookmark |







コメント
商売のブログを考えていて、古沢さんのブログを見た。どうしたら、多くの人に見てもらえるのか、そこがよくわからない。
犬は家にいなくて、猫なのだが、地震の予知に猫はてきさない。家の猫がのんきすぎるのか。
ビデオはなんとかなりましたか。
| 大橋 圭介 | 2008/07/24 2:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/851546
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE