<< 江戸時代からある直下型大地震 古沢襄 | main | 雨に弱いアメリカ靴 前田正晶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







五輪前は株が上がるのに 宮崎正弘
チベット民衆への血の弾圧が北京五輪を暗くした。どの国でも五輪開催前は、株が上がった、と中国の投資家は不満爆発。

年初来45%の下落、昨秋のピーク時から55%の暴落。これが上海株価インデックスの動きである。庶民が首を傾げるのも当然だろう。

「一般的に五輪開催国なら、どの国でも開会まで株価はあがる筈だし、実際に過去の開催国はどの株式も上昇した」。
 
ましてや外貨準備高が未曽有の1兆8000億ドルを突破、過剰流動性によりカネが市場に群がる。それなのに中国では株も不動産も頓挫をはじめた。

ならば、あの天文学的投機資金はどこへ蒸発したのか?

おそらく最後の博打の対象は人民元で、大幅な切り上げがあれば、そこで解約して数千億ドルのカネは中国の鉄火場から海外へ逃げるだろう。

チベット騒ぎは巧妙な情報操作と本質の隠蔽工作と弾圧で本質をはぐらかした。あれほど開会式ボイコットを叫んでいたサルコジ仏大統領は、日本で洞爺湖サミットにでて胡錦濤と会見後、態度をがらりと変えて出席を言い出す。都知事の鵺的行動だけを批判できないだろう。

ラサの観光は再開された。

外国人記者団が招かれラサの平穏をレポートしてきた。月並みな報告しかないのも、監視されて取材が制限されているからだ。それはそうだろう。僧侶の大半を拘束しているのだから。
 
英誌『エコノミスト』(7月12−19日号)はラサよりも、青海省のチベット族自治区を取材し、驚くべき状況を伝えっている。

ロンウ村(音訳不明)はひっそりと静かで、チベット仏教寺院には人が寄りつかないほど。村を『鎖国』して、軍が統治している。大半の僧侶が拘束されている可能性を伝えている。

さて現在のチベットの支配者は誰か?

張慶黎という人物がチベット自治区党書記である。山東省兎城の人、共青団、つまり胡錦濤直系の「団派」出身である。いまや「治蔵大臣」とも「鎮暴大臣」とも呼ばれる。

▼弾圧と開発を共存させるのが共産主義青年団のノウハウか
履歴を調べると、この張慶黎は独特のキャラを保持しているようで、団派に所属して以来、山東省を飛び出して青海省副省長、省長代理を務めるあたりから、所謂「西部」専門家と見なされ、05年には中央政府、国務院の少数民族問題担当を兼ねた。

この人物の力量がでたのは98年蘭州書記を経て、99年に新彊ウィグル自治区へ「建設兵団司令員」として赴き、辣腕を発揮したあたりからである。

新彊建設兵団とは、独自の入植で兵隊の自治区をあちこちに作って自作自衛、全十四個師団、174連隊。30万とも50万とも言われている。これは一般の軍事力ではない。

張慶黎は04年に新彊ウィグル自治区副書記に出世した。

05年に先輩胡錦濤が嘗て支配したチベット自治区へ入り、党書記代理、06年から正式に書記となり、政治局の中央委員入りした。

チベット開発の予算が少ないと言って張慶黎は5万6000戸分の建設予算30億元を手に、29万人の住民に住居を提供した。民政の安定のため?

これは漢族支配と自ら妥協し、目先の住居を供与されれば、それでも構わないとするチベット族(かれらを中国共産党は民族分割・分離統治の先端で駆使する。イギリスがグルカを米国がモン族を分離工作したように。一般のチベット人が直接恨むのは、この漢族と妥協したチベット族である)や、入植してきた漢族、さらには民族隔離政策のため夥しくチベットへ移住してきた回教徒らに配分された。

チベット族に恩恵を与えなくとも地域の発展と安定には寄与した。だから張慶黎は「治蔵大臣」と呼ばれるわけである。
       
杜父魚ブログの全記事・索引リスト(7月7日現在2022本)
| 宮崎正弘 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 18:43 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/848774
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE