<< 大統領選に「黒人差別」の呪縛(1) 松尾文夫 | main | 蒋介石の策略 宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







大統領選に「黒人差別」の呪縛(2) 松尾文夫
●自由州からの拉致の権利を認める
さらに、憲法第四条第二節第三項を紹介しておきたい。黒人に対する差別がさらにはっきり意識された内容となっていたからである。

「何人も、一州においてその法律の下に服役または労働に従う義務ある者は、他州に逃亡した場合でも、その州の法律または規制によって、右の服役または労働から解除されるものではなく、右の服役または労働に対し権利を有する当事者の請求に従って引き渡されなくてはならない」。

つまり、ここでも間接的な表現ながら、憲法制定会議当時、既に社会問題化していた南部奴隷州から北部自由州への逃亡奴隷対策がはっきり意識されている。事実、アメリカ合衆国憲法のシステムが修正十カ条を含めて完成した直後の1793年には、逃亡奴隷の所有者が他の州から勝手に彼らを連れ帰る、いわゆる拉致の権利を認める法律が連邦議会で成立している。

黒人奴隷に対しては、言論の自由の保障や人身保護令など修正十カ条に盛られた権利章典部分、つまり基本的人権の保障が適用されないことを、はっきり打ち出した法律であった。49年後の1842年、南部諸州出身の判事が多い連邦最高裁判所はこの1793年法に合憲の判決を下している。

今考えれば、「アメリカという国」は、その民主主義の出発点から黒人奴隷制という、根源的には負の部分を抱えていたということである。この1842年の最高裁合憲判決をめぐるいきさつを細かく見ていくと、このことが良くわかる。

ことのきっかけは、奴隷制廃止論者が主導権を握り、各地に逃亡奴隷保護のための監視委員会を設置するなど、自由州の代表格となっていたペンシルバニア州議会が、1826年に制定した逃亡奴隷拉致禁止法である。そして、ペンシルベニア州当局は、1837年、同法に基づき、逃亡女性奴隷とその子供を拉致し、メリーランド州の所有者の元に連れ戻したエドワード・プリグと名乗る男を拉致の罪で起訴し、有罪とした。

プリグの弁護士が、これを連邦最高裁判所に控訴、同最高裁判所は1842年、「プリグ対ペンシルベニア州」と銘打った判決で、まず1826年のペンシルベニア州拉致禁止法自体をアメリカ合衆国憲法違反であると決め付けた。そして、逃亡奴隷拉致の権利を認める1793年連邦法を合憲だとしたうえで、これを妨げるすべての自由州の立法の無効を宣言した。
 しかし、同時に、逃亡奴隷の連れ戻し業務は連邦政府のみの責任であるとして、奴隷州、自由州の如何を問わず州当局のいかなる関与もこれを認めない、とも裁定した。

●ライト師も強調した「地下鉄道」の活躍
昔も今も、アメリカ合衆国連邦最高裁判所の判決は、その時代その時代の社会情勢を鋭く意識し、極めて政治的である。この「プリグ対ペンシルベニア州」判決も、南北戦争という一大内戦の危機が迫りつつあった19世紀中葉の状況と巧みに折り合ったものだった。

つまり、建国以来、常に州権第一を主張して、ワシントンの連邦中央政府の連邦権力の強化にことごとく反発、「弱い」中央政府を求めてきた南部諸州に対し、その奴隷制のアキレス腱である逃亡奴隷問題で恩を売ると同時に、その連れ戻し業務に対する奴隷州当局の介入を拒否することで、連邦政府の権威を確立するという巧みなバランス感覚をみせてくれているからである。

事実、自由州では、この判決以後、逃亡奴隷に対し、人権や法廷での証言、陪審員による裁判などを保証すると同時に、その連れ戻し拉致に州の施設が使用されることを禁じる自由保護法が数多く制定される。そして、自由州各地の保護監視委員会は協力し合って、南部諸州から乗り込んでくるのみならず、自由州出身者でもビジネスとして手掛ける者が出た逃亡奴隷拉致との戦いを組織する。この結果、「地下鉄道」と名付けられた秘密ルートで、毎年数百人という規模の逃亡奴隷が、ボストンを中心とする自由州北部、さらにカナダへと送り込まれる。連邦執行官の目を盗んでの地下支援活動であった。

皮肉なことに、オバマ候補が絶縁宣言を出さざるをえなくなった、ライト牧師はこの「地下鉄道」の存在をあげて、白人側にも黒人差別撤廃を支持する人がいたことを、わざわざ強調している。 ライト発言の持つこうした奥の深さを理解しておかねばならない。オバマ候補が抱えているのはこのアメリカの重い過去である。(続く)

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(5月20日現在1870本)
| - | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/823882
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE