<< 回想の細川内閣  渡部亮次郎 | main | サミット議長への悪夢 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







”俗徒コウハン”が亡くなった 古沢襄
川内康範さんが亡くなった。作家が政治家の事務所に出入りするのは、あまり好きな風景ではない。だが川内康範さんと福田赳夫氏の事務所で会った時には、その嫌な感じがなかった。政治家に媚びるどころか、言いたい放題。

この人は沖縄の摩文仁洞窟で遺骨収集の作業に加わったことがある。その時に「琉球は独立して博打(ばくち)立国をせよ」と地元紙の沖縄タイムズに書いたことがある。まだ本土復帰の前のことだが、沖縄知識人から「売国奴」呼ばわりされて、散々な目にあっている。

しかし基地の島よりは、東洋のモナコになった方が沖縄にとって幸福だという信念は曲げなかった。日本を祖国と呼ぶよりは、琉球は日本の兄弟国として独立した方がいいような気がすると「俗論 現代を殴る」で書いている。

自ら”俗徒コウハン”を名乗った経緯が面白い。この人の書くものは、独善的で庶民大衆になんのプラスにもならないと、ある人から決めつけられて、当時の筆名だった河内潔士を捨てて、川内康範になった。

それ以来、独善性にはますます磨きがかったが、毛嫌いせずに理由を聞くと、この人なりの筋が通っている。だんだん、こういう破天荒な人がいなくなる。誰もがもの分かりがいい人ばかりになると、世の中がつまらなくなる。

<テレビ創成期の人気番組「月光仮面」の原作者で、「誰よりも君を愛す」などの作詞でも知られる作家の川内康範さんが6日、青森県八戸市の病院で死去した。88歳。北海道出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。1958(昭和33)年に放送が始まった「月光仮面」の原作で売れっ子となり、その後作詞家としても活躍。主な作品に、「誰よりも君を愛す」「おふくろさん」などがある。(共同)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(4月6日現在1744本)
| - | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:56 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/802577
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE