<< オバマ氏のある日の演説(上) 平井修一 | main | 鬼怒川には橋がなかった 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







台湾のファースト・レディ 宮崎正弘
馬英九・次期台湾総統の夫人は周明青という。馬のハーバード大学留学時代、彼女はNY大学に留学していた。

選挙中、大事な国民党の集会では、ときおり馬英九のとなりに並んで旗を振ったりしたが殆ど発言しない、寡黙な夫人である。おかっぱ頭で、殆ど化粧をしない。

いや正装もしないし、ネックレスも地味で宝石はつけていない。連戦(国民党名誉主席)夫人と百八十度ちがって庶民的。これ、意図的ではなく、普段からジーパンの小母さんである(ただし美人ではありませんが個性的な風貌をされています)。

「チョコレート・ケーキと餃子が好きで、仕事の合間に精神障害児の福祉チャリティに協力することくらいしか素顔が知られていない」(ヘラルドトリビューン、4月3日)。

選挙最中、ニュースを見ていると馬英九・周明青夫妻の二人の娘は米国留学中で、選挙前日に急遽、投票のため米国から帰國した(3月21日)。二人とも黒縁の眼鏡をかけ、終始うつむき加減なので馬英九に似ているのかどうか、定かではなかった。

台湾のマスコミは空港に出迎える母と娘をカメラで執拗に追いかけ、なんと出国するとき(23日)も、娘二人のパスポートを二階からカメラがズームアップしていた。馬英九本人や姉ふたりにグリーンカード所持の疑惑が持ち上がっていたからだ。

さて当選翌々日の月曜日のことである。

ホテルの部屋で台湾のテレビニュースをかけたら、次期台湾総統夫人の出勤風景。それも普段のおばさんにもどってジーパンにTシャツで、公共のバスにのって通勤である。私服刑事らしき男が二人画面に映っていたが。。。

警備上、いつまでこの風景が続くのか、いや、それよりファーストレディが、これまで通りの勤務を続けて良いのか、5月20日の就任式前後に結論が出るだろう。

ちなみに次期ファーストレディの周明青は、過去22年間台湾の大手銀行(国際商業銀行)に勤め法務対策のチーフと言われる。3月27日には「仕事を続ける」と声明文を出している。

総統官邸は改修工事にはいり、八月に完成。馬夫妻は官邸に移ると予想される(自由時報、3月30日)。

近年の高学歴社会と経済の繁栄により、大学どころか米国の大学院を卒業する女性が社会に躍進し、台湾でもキャリア・ウーマンは結婚しないか、しても子供をつくらない女性が目立つようになり、結婚したら専業主婦の戻るという率は80年代の80%台から、いまや40%台。

台湾の国会議員で女性の割合は30%。34人の立法委員が活躍している。馬夫人は新しい台湾女性の象徴となるかもしれない。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(3月30日現在1723本)
| 宮崎正弘 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/800564
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE