<< 外国人記者を徹底排除する中国 古沢襄 | main | 北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)下  福島香織 >>
北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)上  福島香織
■私は現実的な方ではあるが、結構ロマンチストで空想癖がある。たとえば、今、この瞬間、胡錦濤国家主席が、ダライ・ラマ14世と直接対話を行う、と発表したらいいなあ、とか。そして、対話の結果、香港やマカオのように、チベット自治区に高度な自治を認める方向で話し合いが継続される、とか。「猊下の里帰りを歓迎する」と発言してほしいなあ、とか妄想する。

■もし、北京五輪開催直前にダライ・ラマ14世がラサに帰還して、胡主席としっかり握手する映像が、世界中のテレビメディアに同時放送されたりした日が来たら、私は心をこめて、このブログで「2009年のノーベル平和賞は胡錦濤さんに差し上げよう大キャンペーン」を展開するだろう。しかし、そこまで空想して、ふと私の現実主義者的な部分が頭をもたげる。絶対ありえねぇ〜。

■胡錦濤主席は20年前のラサ暴動のとき何をしたのだろう?鎮圧の指揮をとって、戒厳令出して出世コースに乗ったのだった。というわけでここで、中国共産党とチベット族の関係についておさらいをしておこう。前エントリーのコメントをみると、実は意外に知らない人も多いのではないか、という気がしてきたので。

■まず、89年のラサ暴動の話から。きっかけは1987年9月21日、ダライ・ラマ14世によるアメリカ議会での演説だった。ダライ・ラマ法王はこのとき、五項目和平プラン、というのを提唱した。

.船戰奪帆甘據淵ムもアムドも)を平和地帯とすること。
¬餌欧箸靴討離船戰奪反佑梁減澆魎蹐Δする中国人の大量移住政策の放棄
チベット人の基本的人権と民主主義自由の尊重。
ぅ船戰奪箸隆超の回復と保護。中国がチベットを核兵器製造および核廃棄物の場所として使用することの禁止。
ゾ来のチベットの地位、並びにチベット人と中国人の関係についての真摯な交渉の開始。


■しかし、中国側はこれを独立の意志ありとみて、民族主義者8人を処刑するという形で対応した。で、これに怒ったラマ僧が独立要求デモをおこした。1959年の民族蜂起以来、初めてのデモだった。流血をともなうデモは10月、翌年88年の3月にもおきる。
ダライ・ラマ法王は88年6月、ストラスブールで開かれた欧州会議で、「独立要求撤回」としっかり言って「要求しているのは高度の自治だ」と中国側に呼びかけたが、中国側、聞く耳なし。

■当時のチベット自治区書記は伍華精というイ族の人で、チベット族の宗教と自由を比較的重視し、「ラマ書記」なんて呼ばれた。この人をチベット書記に送り込んだのは胡耀邦書記。で、胡耀邦さんといえば1980年にチベット自治区に訪れたとき、その貧困を目の当たりにして「我々の党がチベット人民の期待を裏切ったのだ(ごめんなさい!)」とチベット族に謝罪した唯一の中国指導者である。

このとき、「チベット文化を否定する漢族幹部はたとえ誰でもあっても完全に間違っている」とか、非常にチベット族よりのことをいって、民族融和政策がすすめていたのだが、87年1月、胡耀邦氏は保守派の巻き返しで失脚していた。ダライ・ラマ演説の9月は、その失脚の影響がチベットに及んでいた、ちょうどその時期で、実にタイミングが悪かったのだ。胡耀邦氏が健在であれば、チベットの歴史は変わっていたかもしれない。

■「ラマ書記」伍華精は、中央の指示がないまま、僧侶らのデモにどう対応したらいいか、胡耀邦路線でそのままいくべきか、おろおろ悩んでいるうちに心労がたたって倒れ北京に搬送された。88年12月1日付で代わりにラサにやってきたのが若き日の胡錦濤氏。彼は貴州書記時代に学生運動をうまく鎮圧した手腕を買われてチベットに送り込まれてきた。

■そして小平氏の期待どおり、胡錦濤氏は12月10日の独立要求デモに対して発砲し断固とした態度で鎮圧。このとき死者1人、負傷者13人。89年1月19日には88年3月のデモでとらえた僧侶を公開裁判、即刻処刑。これにラサ市民は衝撃を受け、「漢人かえれ〜!」「独立だ!」と騒然となった。

■1月23日、パンチェン・ラマ10世はシガツェ・タシルンポ寺院で、文革時代に紅衛兵に墓を暴かれた歴代パンチェン・ラマの遺体の改葬儀式を執り行った後、胡錦濤氏も列席する宴席で、こういったそうだ。

「チベット解放も40年になるが、われわれはこの間の成果を上回る悲惨な代価を支払ってきた」

「あなた方の中には、われわれの悲劇をわすれ、同じ過ちを繰り返しているものがいる」と。この状況で胡錦濤にいえた最大限のいやみだった。

パンチェン・ラマ10世は1月28日、悲嘆の中で心臓発作で崩御。チベット族の代弁者が失われ、事態を食い止めうる人物はいなくなった。

■胡錦濤氏はこれを受けて、2月6日、正月の「大法会」中止を発表。この翌日から、僧侶、市民らは独立のスローガンを叫びなら日々、ラサのジョカン寺あたりに集結。胡錦濤氏は、これに対応すべく、中央に対して文官出身の地方出身者としては異例の軍出動準備、軍出動命令権を要求し、小平氏はOKを出す。これを電話で伝えたのは趙紫陽氏という。さらに戒厳令発令は、胡錦濤氏が必要だと思う時に中央に提言するように、ということになった。

■そして、ついに流血の1989年3月5日となる。数百人規模の市民がジョカン寺付近に続々と集結するのをみて、胡錦濤氏は午後1時40分、武力鎮圧の命令を出す。鎮圧は2日わたり、死者は、中国側公式発表は武装警官1人を含む十数人。

■7日夜、8日より戒厳令を発令すると発表。、チベット民族蜂起30周年の3月10日のデモ再発を警戒してのことだ。そして翌年4月にやっと戒厳令解除。この見事な鎮圧手腕に感服した小平氏は、89年6月4日の天安門事件制圧のときの参考にしたとかしなかったとか。そして1989年10月、非暴力対話路線を打ち出したダライ・ラマ14世がノーベル平和賞を受賞するのである。

■というわけで、20年前に容赦なく鎮圧行動に出た胡錦濤氏が、今、すっかり丸くなって、対話路線にいく、というのは、やはりあり得そうにないのであった。胡錦濤氏は胡耀邦氏をすごく尊敬していたというのは本当だろうが、やることは正反対。尊敬していた人でも失脚してしまうと、保身もあってあえて反対の方向に思いっきりぶれようとするみたいだ。

■しかし、中国指導者は、なぜここまで苛烈な対チベット政策をとるのだろうか。どうして胡耀邦氏みたいになれないのか。考えてみれば、今回の騒乱も10日や11日の僧侶のデモや座り込み抗議にうまく対処できれば軍(武装警察)出動の必要があったとは思えない。2005年の反日デモだって数万人規模で一部暴徒化して、日本大使館とか総領事館とか攻撃を受けたけれど、鎮圧なんてしなかった。香港なんて50万人デモがおきていても誰も文句いわない。

■チベット族は確かに猛々しい人もいるが、基本は穏和な仏教文化の世界なので、抗議の自殺などはあっても、自爆テロとかは聞いたことがない。しかも、ほとんどのチベット族が敬愛するダライ・ラマ法王は非暴力主義者だ。こういうと怒る人もいるだろうが、いざというときは中央アジア諸国の武器庫の後ろ盾がありそうな新疆独立派とくらべると、中国にとって、もはやそんなに脅威ではないと思うのだが。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(3月21日現在1684本)
| - | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:06 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE