<< 北京、東京に現れたヒル米国務次官補 古沢襄 | main | コソボ独立宣言の衝撃 宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







世界第二位の金消費国・中国 宮崎正弘
なぜ、これほどの金(ゴールド)を中国人が買うのか。ついに世界第二位の金消費国に浮上した中国。

北京でも広州でも、中国のどの都市でも同じ。繁華街の宝石売り場やジュエリー・マートへ行くと、中国人のおばさんや、OL風情が「まるでスイカを買うように」、金、金製品、アクセサリーを買っている。

二年前から個人での金所有を認めた中国での異変である。

ワールド・ゴールド・カウンシルは「中国の昨年度の金消費は302トン、これは一位のインドに次ぐもの。アメリカは三位」と発表した(新華社、19日付け)。

人民元の偽札を見つけても、突っ返すだけの国、日本なら偽札が見つかったらパトカーが来るだろう。

すなわち自国の通貨を信任しないゆえに「万国共通、永遠の通貨」であるゴールドを所有したがるのが古来よりの中国の国民性である。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(2月18日現在1532本)
| 宮崎正弘 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:25 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/777362
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE