<< 台湾国民党の支援キャンペーン 宮崎正弘 | main | 江沢民は敬虔な仏教徒 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







血色児童の喧嘩報告 平井修一
久し振りの喧嘩である。左手からは血が流れている。大したことはないのでよかった。

酔っ払いが川崎駅から「あーだ、こーだ」とぎゃーぎゃーほざいている。もう耐えられなくなったから「おい、いい加減にしろよ、話をしよう、降りろや」とやってしまった。

ぎゃーぎゃーが10分なら我慢はするが、それが30分も続けは、「おい、いいかげんにしろよ」となる。

「おい、おまえ、なんかおかしいんじゃねいか、いい加減にせえよ、みな、嫌がっておるじゃろ、みんな辛いんだぜ、おまえ一人が辛いんじゃないぜ、てめえ一人が偉そうにぎゃーぎゃー言うなよ、みんな迷惑しているよ、おい、ちょっと降りろよ、わしゃあ鳶職をやっとったものじゃが」(現実はもっときたない言葉)

鳶職と言えば、建築の世界ではそこそこrespectされる。「鳶さん」として、技術者として敬意を表されるのだ。

この酔っ払いに小生の出自を言ったが、全然分かってもらえない。建築関係なら「鳶」と言えば、命懸けで、損得ぬきで(なにごとか、もしかしたらやばいことをしかねない職人)ということで一目も二目も置かれるが、この酔っ払いの目を見ると、もうできあがっている。目が青いのだ。「蒼い」という字が似合う。

酔っ払いに理路整然と説明したが理解してもらえない。「おれが言っていることが分からないのなら、おめえは普通じゃねえよ」と言ったが分かってもらえない。相手はわけの分からないことを吠えるばかりだ。もうホームに引きづり降ろして警察に引き渡すしかないだろうと110番した。

車内で混乱は起こしたくないから、小生は「おい、この野郎、降りやがれ」。酔っ払いは「上等だ、この野郎、ざけんな」。くんずほぐれつ、ホームにこぼれ落ち、小生は振り回されたものの、改札口からどうにかこのバカをおっぽり出した。

そこに丁度、お巡りさんが来てくれたから「よかった!」。最初は二人、最後は六人も来てくれた。

小生は怪我をしているので「告訴」する気でいたが、それをしたら小生もお巡りさんも徹夜になっちゃう。ま、それはいいか、と、とりいそぎ記事を書いている。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(2月1日現在1466本))
| 平井修一 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:36 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/766802
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE