<< キャビアの運命 渡部亮次郎 | main | 支那的4000年毒盛外交 平井修一 >>
積雪時や氷結時の運転 古沢襄
大雪の首都圏で運転事故が多発している。積雪時や氷結時の運転に慣れていないせいだ。北陸に五年住んだが、当初は雪の運転のコツが分からないので失敗を重ねている。素人考えでチエーンさえ装てんすれば大丈夫だと思ってしまう。

出勤でマイカーに積もった雪を落とし、発進しようとしたら、後部車輪が空回りして雪を掘るだけだ。これはギアを一速でなく二速にすれば難なく発進できる。高速道路の料金所が近くなるとトップ・ギアから二段階落とすエンジン・ブレーキのかけ方は知っていたが、二速発進の技術は初めて。


氷結した道路で急ブレーキを踏んではいけないと教えられたが、カーブに差しかかると軽くブレーキを踏んでしまう。だいたい氷結道路の見分け方が分からない。氷結道路は黒ずんでいると教えられたが、深夜の道ではどれもこれも黒ずんでみえる。

これで一度、アワヤの大失敗をやらかした。帰宅するために深夜の街を走っていた。カーブ道に差しかかったので、雪道ではないので軽くブレーキを踏んだら、スピンして民家に飛び込むところだった。氷結道路の怖さを身をもって体験した。

車から下りると明らかに道路が氷結して黒ずんでいる。カーブではスピードを落として、エンジン・ブレーキをかけるテクニックが必要である。

雪道運転でも大失敗している。スキー場に行く途中のカーブ道で、軽くブレーキを踏んでだら、車が一八〇スピンして冷や汗をかいたこともある。対向車も後続車もなかったので、事故を起こさずに済んだのだが・・・。

車でなくても雪の坂道を徒歩で下る時にも、独特の歩き方が必要である。かかとから先につけて、押しつけるようにして下れば滑らない。ツルツルの皮底でも、この歩き方をすれば滑って転ぶことが防げる。

雪国の人なら常識なのだろうが、東京周辺の道路しか運転したことがなかったので、どれもこれも初体験。東京オリンピックの翌年に運転免許をとって、ハンドルを握り続けている。金沢・東京間をノンストップ、160キロのスピードで走って粋がっていた時期もあったが、今では自宅付近を転がすだけ。

明日は高齢者講習会に呼ばれている。免許証を更新すればあと三年は有効である。その時には七十九歳になる。八十歳を過ぎても車の運転をするのか思案している。補助輪がついた自転車にすると、途端に老い込むのかなあ・・・。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(2月1日現在1466本)
| - | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 18:49 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/764416
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE