<< 2008年アメリカ大統領選挙展望(5) 松尾文夫 | main | 議員辞職を迫る菅代表代行 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ヒラリーがオバマを頭二つリードへ 宮崎正弘
ジュリアーニ劣勢、トンプソン撤退、マケインが頭一つリードへ。民主党はヒラリー・クリントン候補がオバマを頭二つリード。

米国大統領予備選、二月五日のスーパー・チューズディでほぼ大勢が決まるが、共和党はトンプトンが撤退。ロムニーも影が薄くなって、マケインが半歩先を走る状況になった。

NY市長だったジュリアーニが劣勢なのも、その「リベラル色」。かれ北東部では常識の同性愛同士の結婚容認派、妊娠中絶容認の姿勢が草深い保守層、エバンジェリカルからの強い反発を食らっているからだろう。

一方、オバマ候補は「黒人大統領の用意がある」という全米の世論調査とは別に、南部から中西部の保守層は、つよい反感がまだ残っているため、これから人口大州の票が開けばヒラリーの優位が濃厚になっていくと思われる。

いずれにせよ、2008年は共和党が勝利する可能性が極めつきに希薄なため、民主党候補が、90%の可能性で次期大統領となるだろう。

それが女性大統領か、黒人大統領か。そんな問題は表層でしかなく、世界観が正しいか、よこしまか。反日か、親日か。媚中か、親中か。

そして次の四年間に米国の力は巨大な音響を立てて衰弱し、76−80年のカーカー時代の悲劇のように、世界史を驚かす何かがおきるだろう。

カーターは、いまの米国のような厭戦と衰退容認のムード的状況から生まれ、在韓米軍の撤退を最初にぶちあげて、アジア各国の不信をよび、モザンビークが転覆しても介入せず、ついにはソ連軍のアフガニスタン侵略をまねいた。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(1月24日現在1435本)
| 宮崎正弘 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:57 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/755788
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE