<< 民主党が戦術転換か? 古沢襄 | main | 2008年アメリカ大統領選挙展望(2) 松尾文夫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







2008年アメリカ大統領選挙展望(1) 松尾文夫
私がアメリカ大統領選挙戦を直接、間接に追いかけるのは、1960年のケネデイ、ニクソンの対決を、まだ日比谷公園内の市政会館の一部、通称日比谷公会堂の真下にあった共同通信本社外信部デスクの新米記者としてカバーして以来、通算13回目となります。夏の党大会や開票速報を、テレビ中継など存在しなかった当時、アメリカからの唯一のリアルタイムの情報集手段であったVOAラジオの傍受に、緊張した時間をすごした日々を昨日のことのように思い出します。

○ ブッシュ大統領の一言
すでにマスコミが伝えるように、共和、民主両党とも、大統領候補指名争いは熾烈です。しかし、この報告に皆様が目を通されているころには、1月3日のアイオワ州の党員集会を皮切りに、ニューハンプシャー州(1/8)、ミシガン州(1/15)、サウスキャロライナ州(共和党は1/19、民主党は1/26 )、フロリダ州(1/29) と続く予備選挙、そして2月5日のカリフォルニア、ニューヨークなど大州のほんとが参加する予備選挙の結果が次々と入り始め、両党とも遅くとも2月中旬には、事実上の大統領候補が決まる見通しです。

従って、具体的な候補者名を予測すること自体意味がありません。ここでは緒戦のアイオワ州党員集会やニューハンプシャー州予備選挙では、1位だけでなく2位につけられるかどうかが重要な要素であることを報告しておくことにとどめます。アイオワ州党員集会では、2位につけながら、最後には指名を獲得した1972年の民主党マックガバン、1976年の民主党カーター、ニューハンプシャー州予備選挙では、1988年ブッシュ・シニアといった歴史的な前例があります。

そこで、本稿では、私が昨年11月、アメリカの空気に三週間以上も浸る中で肌で感じたことを踏まえて、今年の大統領選挙戦の『土俵』について報告しておきたいと思います。

最初に、意外に伝わっていないブッシュ大統領の一言を紹介しておきます。

ブッシュ大統領は昨年12月14日の記者会見で、イランの核開発について「2003年からから計画を中断していると見られる」との米政府内16の情報機関がまとめた「国家情報評価(NIE)について、記者団からの激しい追及を受け後、指名争いの展望をとの質問に対して、こう答えました

「激しい戦いになっている。共和、民主両党ともこの激しさは同じだ。今の段階で両党に有力指名候補者が浮上していないのは、過去の歴史に遡っても初めてではないのか。その行方を見守るのは興味深い」と答えていました。そして「私は選挙運動が大好きだ。今度はそれが出来なくて残念だ」などと2004年の選挙運動の思い出を長々と語った。この発言は重要だと思います。

ブッシュ大統領が他人事のように選挙戦を見つめていることが明らかにされたからです。私はこの選挙戦に「距離」を置く大統領の姿勢に注目する次第です。

私は1968年大統領選挙で、当時のジョンソン大統領が再選確実といわれながら、自らが拡大したベトナム戦争に反対する世論に屈して三月末の段階で、指名辞退に追い込まれながらも「歴史が自分の業績をどう評価するか」にこだわり、ベトナムとの和平交渉で民主党大統領候補に選ばれたハンフリー副大統領の足を引っ張り続けた姿をワシントンで見ています。

結局、この1968年大統領選挙は、こうした民主党側の自滅現象によって共和党ニクソンのホワイトハウス入りが実現し、以後アメリカの政治全体が保守化する時代、あるいは共和党が主導権を握る時代が到来するきっかけとなります。1968年以降、現在に至る40年間で、ホワイトハウスの主であった年数を数えると、共和党がニクソンーフォード政権で二期、レーガン政権で二期、ブッシュ・シニアー政権で一期、ブッシュ・ジュニアー政権で二期と合計28年間、民主党はカータ一期、クリントン政権で二期と合計12年間−−とはっきり差がつく数字が出てきます。

私が遭遇した1968年大統領選挙戦での「ジョンソンのこだわり」の代償の大きさを示していると思います。 従って、私としては、ブッシュの大統領の傍観者的なこだわりの欠如に驚くとともに、逆にこの「ブッシュのこだわり」なしで行われる大統領選挙戦の「土俵」に注目しておく次第です。(続く)

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(1月12日現在1393本)
| - | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:25 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/755383
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE