<< 台湾民進党が惨敗の分析 古沢襄 | main | 本会議をトンズラした党首 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







信頼こそ国際社会における競争力 伊勢雅臣
今年8月に開催される北京オリンピックの直前に、日本で合宿を希望する国が相次いでいる。すでに20カ国が名乗りを上げ、うち8カ国は受け入れ先も内定している。

英国の水泳チームは大阪市での合宿を決めたが、「中国の大気汚染や食事が不安。大阪なら施設も整っている」と語った。香川県に合宿を打診してきたフィンランドのボート競技のコーチは「北京に長く滞在するリスクは避けたい」と漏らしたという。

フィンランドの陸上チームは世界陸上で9カ国が滞在した香川県丸亀市で合宿する。過去の実績がものを言ったのだろう。松江市はアイルランドから「練習施設や食事、宿泊環境がすべてよい」との評価を受け、ほぼ内定した。スウェーデンに至っては、19競技の150人が福岡市に集う。

そのほかにも、ドイツの陸上は北海道士別市・芦別市、水泳は熊本市、米国のカヌーは石川県小松市などが内定しており、さらに日本合宿を希望している国は、ポーランド、イタリア、チェコ、スペイン、ブラジル、ギリシャ、オランダ、カナダ、フィンランド、フランス、ベルギー、ニュージーランド、スロバキア、オーストラリアなど20カ国に及ぶ。本番が近づくにつれ、日本で事前に合宿する国はさらに増えそうだという。

これだけ多くの国が直前まで日本にいて、競技が終わったらさっさと帰国してしまうのでは、北京での開幕式や閉幕式にはどれだけの選手が参加するのかと、他人事ながら心配してしまう。

それはともかく、日本のきれいな空気と美しい自然、おいしく安全な食べ物などがいかに高く評価されているか、がよく分かる。さらには、日本の地方都市の人々の親切さは、来日した選手団の心をとらえるだろう。

こうした信頼こそ、国際社会における国家の競争力の源である。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト(1月12日現在1393本)
| - | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:49 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/747774
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE