<< この蛮勇は誰も真似が出来ない 宮崎正弘 | main | 冬を告げる鮟鱇鍋 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







小沢氏、未練たらたら 渡部亮次郎
<小沢氏、改めて「大連立」に言及…民主党内に疑念の声>と。
小沢氏が、一度は党内で否定された自民党との大連立構想に未練を持っていることを示した。以下< >内はいずれも2007年11月20日23時10分 読売新聞。

<民主党の小沢代表は20日、党本部で記者会見し、自民党との連立政権構想について、「(自民党との連立で)国民との約束が実行できるなら、国民に対する責任を果たすことになる。今もそう思っている」と述べ、「大連立」が望ましいとの考えを改めて強調した。

その上で、民主党内の反対を理由に、与党との政策協議や、次期衆院選後の連立に否定的な考えを示した。小沢氏の発言に対し、「党内の理解が得られれば、大連立を再び目指す意向を示したものだ」(党幹部)とする声が民主党内から出ている。

小沢氏の発言について、同氏周辺は「連立の意義を説明し続ければ、徐々に浸透する。次の衆院選で野党で過半数を獲得できなければ、党内から連立構想が持ち上がってくる可能性がある」として、大連立に向けた環境整備を図る狙いがあると解説する。>

党と党の合同ではない。次の総選挙まで、自民党政府の庇(ひさし)を借りて政権運営のウォーミングアップをしながら民主党の政権担当能力を国民に示す。

その結果、民主党に対する信頼感は増幅するはずだし、これならば次の政権を民主党に任せても良いとする期待感が出るに違いない、したがって次期衆院選挙での民主党勝利を担保するのが大連立だと小沢氏は考えている。

20日の記者会見で小沢氏は具体的に説明している。この具体的説明を第一幕ですべきだったが、しなかった。「これぐらいのこと、説明しなくたって代議士なら分かっているだろう」と敢えてしなかった。

ところが、岡田はもちろん鳩山、菅も理解できなかった。理解できたとしても旧社会党系議員のあまりに強い反発に驚き、沈黙したか。

<22日に福田首相と野党各党党首が会談することから、民主党内には「小沢氏と福田首相は、連立政権構想についても話し合うのではないか」と見る向きもある。

大連立構想や小沢氏の辞意騒動で民主党は混乱しただけに、党内は「落ち着いてきたのだから、大連立の話を蒸し返さない方がいい」(党幹部)との見方が大勢を占めている。

これに対し、民主党幹部からは警戒の声が上がっている。

岡田克也副代表は19日の講演で「(連立で)政府に入った後、民主党は手を突っ込まれ、ガタガタになるだろう。大連立すれば自民党にとって都合のいい形で最終的な落ち着きどころが出来てしまう」とけん制。

鳩山幹事長も「小沢氏の主張は党全体の考え方とは明確に異なる。党として異なる選択をした以上、小沢氏もそれに従うという約束をした」と強調した。>

小沢氏の「説明」はこうだ。

<我々が(自民党との連立で)政権の一端を担う事によって国民との約束が実行できるなら、国民に対する責任を果たすことになる。結果として、より多くの国民がわが党に支持を与えてくれるだろう。

例えば農業の問題でも、私どもの(主張する)戸別所得補償制度を導入できるなら、農家は怒るだろうか、喜ぶだろうか、と言う単純な判断だ。

年金でもそうだ。子育てもそうだ。高速道路の無料化を実行で切るなら、国民は連立がけしからんと言うだろうか。自民党政権では絶対にできないことが実現できるなら、国民は喜ぶのでは無いか。

さらに、我々自身の政権になれば、もっと国民のためにいいことをします、と言う事なら、私は支援が寄り集まると思っていたし、今もそう思っている。

しかし、(民主党の)皆が駄目だと言うから、今後はない。ないのだから(党内で)議論する必要は無い。皆さんが議論したいと言えば結構だが。

私は政策協議ぐらいはやった方がいいと思ったが、皆が駄目だと言うから、やらない。

(次期衆院選挙後に改めて大連立構想を話し合う事は)無い。皆が駄目だというのだから駄目だ>

ホント、ハラの中では棄て科白があったことだろう。「今頃分かっても遅いんだよ、馬鹿。つける薬は無いね」。

当に選挙までの間、大連立という庇を借りて母屋を取る大仕掛けの手品。分かってしまった自民はもう乗ってこないだろう。2007・11・21
| - | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:22 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/713581
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE