<< 解散・総選挙とセット論 古沢襄 | main | 未来志向の視座の中核は国益 クライン孝子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







原敬が暗殺された日 渡部亮次郎
11月4日は「平民宰相」原敬(はら たかし)が東京駅で刺殺された日である。1921年(大正10年)11月4日のことだった。

犯人は、鉄道省(当時)山手線大塚駅職員であった中岡艮一(なかおか こんいち)。殺人犯にも拘らず3度もの大赦で1934年には早くも釈放された

大塚駅の転轍手であった中岡は、以前から原敬首相に対して批判的な意識を持っていた。中岡の供述によれば、原が政商や財閥中心の政治を行ったと考えていたこと、野党の提出した普通選挙法に反対したこと、また尼港事件が起こったことなどによるとされている。

その他一連の疑獄事件が起きたことや、反政府的な意見の持ち主であった上司・橋本栄五郎の影響を受けたことなどもあって、中岡は首相暗殺を考えるようになった。

かくて1921年11月4日、京都での政友会大会へ向かうため東京駅に来た原は、午後7時25分頃、突進してきた中岡に凶器を胸に突き刺された。傷は右の肺から心臓に達しており、ほぼ即死状態であったという。

逮捕された中岡は、死刑の求刑に対して、東京地裁で無期懲役の判決を受けた。その後の東京控訴院・大審院でも判決は維持され確定した。

しかもこの裁判は異例の速さで進められ、また調書等もほとんど残されていないなど「謎」が多い裁判として知られ、その後の中岡の“特別な”処遇(3度もの大赦で1934年には早くも釈放された、戦時中には比較的安全な軍司令部付の兵となっていたなど。

本事件に関する政治的背景の存在を推測する論者も多い。

無期懲役の判決を受けたが3回の恩赦により1934年出獄。獄中で回想録「鉄窓十三年」を書いた。出獄後は目立った政治活動はしていないが頭山満と関係を持ったとされる。

また満州で陸軍司令部に勤務したといわれる。戦後復員したとの情報もあるが詳細は不明。中岡が原を暗殺するに至ったきっかけははっきりとはわかっていないが、前述した原の政治に対する不満の他に、以下のような話もある。

玄洋社などの当時の右翼勢力と関係があったという説。有名な右翼テロリスト五百木良三が犯行を予言していたことや、右翼が好んでいたとされる短刀での犯行手口などが根拠となっている。

犯行の1か月前、中岡と上司・橋本との政治談義の中で原政治の批判になり、橋本が「今の日本には武士道精神が失われた(政治家は悪いことをした時に、責任を取るという意味で)腹を切ると言うが、実際に腹を切った例はない」というような主旨のことを言ったのに対し、中岡が「腹」と「原」を誤解し、「私が原を斬ってみせます」と言明したという。

このため、橋本のその言葉が事件の直接的なきっかけとなったとして、橋本も殺人教唆の疑いで逮捕されたが、判決は無罪であった(求刑は懲役12年)。

原は65歳の生涯であった。彼の政治力が余りに卓抜していたために、原亡き後の政党政治はバランスを失ってしまうことになる。原こそは卓越した政治感覚と指導力を有する政治家であった。

当時の政治の裏側を知るには、原の残した『原敬日記』(はらけいにっき)が格好の史料であるが、一個人としての原敬の実像を知るには、原の養子である原圭一郎(本名原貢)の回想録『ふだん着の原敬』が格好の資料である。

『原敬日記』は、一般には1875年に帰省した際の日記から、暗殺直前の1921年10月25日までに書かれた日記の総称であるが、暗殺を予期して認めた遺書の中で「当分世間に出すべからず」と厳命しており、公開されたのは1950年のことである。

近年では、原敬が大正天皇と近かったことから、大正天皇と『原敬日記』の関係についても研究されている。

原敬は、1856(安政3)年2月9日、盛岡藩盛岡城外「本宮村」(現在の盛岡市本宮)で盛岡藩士 原直治の次男として生まれた。

後に「平民宰相」と呼ばれた原は、実は祖父・直記が家老職にあったほどの上級士族の家柄だが、20歳のときに分家して戸主となり、平民籍に編入された。彼は家柄についての誇りが強く、いつの場合もみずからを卑しくするような言動をとったことがなかったとされる。

また、後年、号を「一山」あるいは「逸山」と称したが、それは原の薩長藩閥への根深い対抗心を窺わせる。戊辰(ぼしん)戦争で「朝敵」となった東北諸藩(除く秋田藩)の出身者が、「白河以北一山百文」と薩長出身者から嘲笑、侮蔑されたことへの反発に基づいているからである。

白河とは福島県白河市のことで、古来より「白河関」がみちのくへの入り口であった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2007・11・02
| - | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:56 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/701811
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE