<< 横浜国大生の誘拐事件 古沢襄 | main | 笹川会長の瀬島龍三論 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







福田首相にお褒めの言葉 古沢襄
北朝鮮と国交がない日本の報道機関で平壌に支局を置いているのは共同通信社だけなのだが、【平壌・共同】のクレジットがついたニュースがほとんど出ないのでOBとしては割り切れない気持ちでいた。

自由な取材活動ができない閉鎖国家だから仕方がないとあきらめの心境でいたが、十一日に珍しく【平壌11日共同】の記事が支局から送られてきた。内容は北朝鮮のプロパガンダなのだが、北朝鮮当局から福田首相にお褒めの言葉を頂戴している。

肝心の拉致問題では前向きの発言はない。金正日・盧武鉉首脳会談で「拉致日本人はもういない」と金正日総書記が言ったので、福田首相や町村官房長官が反発したこともあって、わざわざ共同通信に対して宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使は「見解と立場の違いを埋めるための協議が必要」と述べた。

その前段で「福田首相は圧力より対話を重視する姿勢を明確にしている」「われわれは注目に値すると思っている」と評価した。別に北朝鮮から誉めて貰う必要はサラサラない。残された拉致被害者の生死について誠実な対応をして貰うのが先決である。

<【平壌11日共同】北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は11日、平壌で共同通信と会見し、福田康夫首相が日朝関係で「圧力より対話を重視する姿勢を明確にしている」とし、「われわれは注目に値すると思っている」と評価。日本人拉致問題については「見解と立場の違いを埋めるための協議が必要」と述べ、今後の日朝協議で拉致問題も過去清算問題とともに継続して取り上げる構えを示した。>
| - | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:12 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/685630
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE