<< 世論調査も福田支持がトップ 古沢襄 | main | 地方党員の票の出方に注目 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







米国は金利下げ、中国は金利上げ 宮崎正弘
中国が恐れ始めた猛烈インフレ、日本への影響も深刻に

日本のスーパー・マーケットに異変が起きている。インフレが忍び寄っていることだ。原因は中国ばかりではない。猛毒食品と不良品が「国産」嗜好ムードを呼び込み、ならばと、たとえば魚介輸入業者は輸入鰻を「国産」と標示し始める悪循環。

原因はもうひとつあった。米国や南米で、エタノール燃料ブームが起こり、トウモロコシ栽培が農家の主流となり、その分、大豆と小麦の作付けが減った。この遠因も中国の石油爆食の所為であり、間接的要素だろう。

大豆を使う醤油、豆腐、マヨネーズ。小麦を使うパン、そばが値上がり。現在のところ商品パックの中身を縮小して値段を据え置くという姑息な手段で業者はしのぎ始めたが、この「忍び寄る」インフレが日本で顕在化するのは時間の問題だろう。

だが、日本のインフレは、まだこの程度。深刻なのは中国だ。猛毒食品事件以後も中国の輸出は劇的な減少示しておらず、外貨は依然として溜まる一方である。

外貨準備高の増加は相対取引で当該通貨と交換するから、国内へのマネーサプライが増える。つまり、中国は増えた外貨分を債券化し、その分のカネを市中にばらまく。

カネ余り=過剰流動性が生まれ、これは株式と不動産へ向かう。商品投機へも向かう。構造的に中国の株式が崩落するタイミングは、先送りされる。

中国のインフレは過日(先週)6・5%と発表されたが、この公式数字は基本的に怪しい。なぜなら不動産が27%上昇、株式は一年で二倍になっているではないか。

さらに豚肉が50%値上がりし、野菜が30%近い値上がりを示し、どうしてインフレが6・5%なのか。誰も説明が出来ないだろう。そのうえ、この間の通貨供給量の伸びは17%近い。

▼バフェットはペトロチャイナ株保有を13%にまで減らしていた
中国人民銀行は金曜日に金利を上げた。ことし五回目である。一方、米国は金利を下げる。ウォール街は、ちかくバーナンキFRBが、0・25%の金利下げを行って、FFレートを5%にするだろうと推測している(NYタイムズ、9月14日付け)。

こうみてくると米中が、金利政策の一致こそないものの、経済運営でお互いの利益の保護が共通の利益であることを見いだしたかのようだ。

全米最大の投資家ウォーレン・バフェットは、保有していたペトロチャイナの株式を、市中に売り抜け、劇的に減らしていたことが報じられている。

バフェットの売却理由は、ペトロチャイナが国際非難の集中するスーダンの石油開発を行っているからで、米国の人権団体が問題視し、「ジェノサイドに手を貸すのか」と詰め寄られたからだ。

バフェットはいきなり保有株を売却せずにタイミングを待った。「偶然」にも、ペトロチャイナは渤海湾で未曾有の石油埋蔵が確認されたと発表した。

「バフェットは7月12日から8月29日にかけて2億6240万株を売却した。相前後して中国は、国内投資家が香港でも株式取引ができるように規約を変更。このためいきなり58億ドル相当の投資資金が大陸内から香港へ流れ込んだ」(ブルームバーグ、9月14日)。こうして米中の阿吽の呼吸が、ペトロチャイナ株の暴落を防いだ。

宮崎正弘著 新刊改訂最新版『2008年 世界大動乱』

▽安倍政権突如崩壊はまさに政治の世界は「一寸先が闇」を象徴した。
▽仏英につづき、豪州も保守政権は風前の灯火となった!
▽ブッシュ政権のイラク政策は「未曾有の不人気」。これでヒラリー次期政権誕生が秒読みへ。アメリカの衰退で一番得したのは核武装を急ぐイランと北朝鮮。その背後でにたにた嗤うのがモスクワと北京だろう。

▽韓国、台湾、ロシアの指導者も、米国大統領選挙前に変わる。
▽日本企業は中国の溜まりすぎた外貨によって乗っ取られる可能性がたかまる!
▽サブプライム危機からウォール街暴落は、つぎに上海暴落を生むのではないか?などの世界の新事態を宮崎正弘が分析解説のあとに予想している。(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より)
| 宮崎正弘 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:51 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/667793
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE