<< 週刊誌記事と韓国報道 古沢襄 | main | 被爆者救済と平和宣言 丸山公紀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







シルクロードの要衝で砂漠化 宮崎正弘
甘粛省といえば、日本人観光客がかならず寄り道する敦煌があるので有名だが、シルクロートの拠点・蘭州があり、人工衛星打ち上げの酒泉基地もある。

ところが同省北西部のミンチン村(音訳不明)では居住者10500人に対して「立ち退き命令」がでた。砂漠化に対応できず、井戸も1600メートル掘らないと水がでない。
中国は日本の26倍の国土面積を誇るが、じつは全体の7%しか国土の利用が出来ない。あとはごつごつとした岩肌、荒れ地、砂漠、湿地。

都市部の人口は爆発的に増大していく一方、農地面積は劇的な減少を顕著に示してきた。
また農地の砂漠化によって穀物生産が落ち込み、農民の暮らしは年々歳々絶望的になっている。

甘味粛省北西部の立ち退き事件では、一世帯あたり僅か3000元(邦貨換算で45、000円)の保証金が提示され、三年以内の立ち退きが強制される。付近一帯に不満が充満している。現代版「黄巾党の乱」が近い?(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より)
| 宮崎正弘 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/647804
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE