<< 農地解放があった 渡部亮次郎 | main | 世界同時株式暴落が近い? 宮崎正弘 >>
取り舵いっぱい、ヨーソロー 山堂コラム178
「参院選」で惨敗した安倍政権、退陣はしないが軌道修正することになった。「取り舵いっぱい」―――それは左旋回。それしか選択の余地がないのである。

昨年秋の自民党総裁選。身内の選挙と言ってしまえばそれまでだが、そのころには1年も経ないで迎える最初の国政選挙「参院選」、そこでかくも無惨な大敗北を喫するなど、本人はもとよりヨイショをして担いだ連中、夢想だにしなかったろう。

自民党総裁選たけなわのころ、晋三の勝利が確実になるにつれ、見たこともない連中が日ごとにわれもわれもと蝗集してきた。政治家、衆参両院の議員は言うまでもない、知事、市町村長、地方議員。親分衆から陣笠まで。

続いて官僚、財界人。新聞テレビの幹部、学者や評論家、株屋や総会屋の有象無象(うぞうむぞう)、売文屋やその筋の人・・・警察の親分や防衛次官、みんなまるで安倍家や岸家と百年の知己の如く。古くからの人間押しのけてでも寄ってくる。新しい権力者に取り入るためだ。

胡散臭さということでは「学者・評論家と言われる人たち」も「その筋のひとたち」とそう変わらないということが分かった。

総裁選を制し、首班指名で総理の座についた暁の安倍事務所の熱気は頂点に達した。「我こそ一番槍、論功行賞はオレ」の輩が溢れかえり、「火事場泥棒」のような奴バラが跋扈する。

岸番・晋太郎番だったオラたちが昔書いた著。そこからつまみ食いをしてでっち上げた「晋三・版」、安倍事務所に大量に買い上げさせて大儲けした売文屋もいた・・・

もっと唖然としたのは、それまで寄りつきもしなかった某新聞社政治部出身の幹部。故晋太郎氏の十七回忌に出席して一番大きな顔をして「次の社長は私です」とやった。古くからの派閥担当OBはみなズッこけて「あいつ清和会(旧・福田安倍派)もったこと、あったっけ?」

新聞もテレビも幹部は所詮商売人。政治権力に阿(おもね)って出世するという絵に描いたようなゴマ摺り・・・あまたの昔のブンヤ仲間の目の前ではやるなよなあ―――。

「参院選・大敗北」の拠って来るを、安倍晋三の論功行賞人事にありとする意見が多い。そんなこと、いまさらなのだが、松岡・赤城の両農水大臣を庇ったこと。

それから官邸主導は純ちゃんの踏襲・猿真似だが「世間知らず」「政治知らず」集めて少年官邸団―――、あれこれ決めるはよいけれど、所詮はバカが決めること。やること為すこと全部がウラ目で、論功行賞の弊害ここに極まれり。

しかし弊害・足枷といえば前々総理の蜃気楼。その横槍り人事の方が決定的だったとオラはみる。イソギンチャク、じゃなかった森腰巾着の幹事長。

「社保庁解体」「天下り根絶」「官僚退治」と、いたずらに吼えまくる。そのわりには官僚退治の実績はともなわなくて、老獪な官僚はウラで舌出していることなど有権者はとっくに承知。

郵政造反組みの復党問題、これは官邸でなく党・幹事長主導でやったのだが、平沼の復党をすんなりやっておればまさかの岡山、取りこぼし(虎が姫に負ける)なんぞあろう筈がなかった。比例の民主は自治労推薦がトップで、自民は医師会が落選・・・これでは漫画だわな(出雲弁)。晋三内閣が発足して雨後の筍のように林立した総理の私的懇談会。

美しい国、愛国教育、憲法改正、集団自衛権・・・煽り立ててアワよくば、神の国は戦前の、八紘一宇か国家主義。なれば徴兵お手軽で、言論の自由?社会保障?格差?年金?クソくらえ。

濡れ手に粟の武器商人、ハゲタカファンドやリース屋に親米右翼・エセ右翼。慾に眩んだ野望だで、たった半年の命運で、ものの見事に砕け散る。

「集団自衛権を検討する会(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)」をはじめ、これらヨイショの筍は、秋以降に逐次解散で、それどころか「テロ特法」―――この延長さえままならぬ。ここはぐっと舵を切り、「お国のためだ宜しく」と民主党に土下座して、哀願するも目に涙。

取り舵いっぱい、ヨーソロー。ん、ダメ?でなくんば、「解散」か「店仕舞い」しかないわなあ。(「頂門の一針」より)
| - | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 03:38 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/646053
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE