<< 危険な布教活動 古沢襄 | main | ジョークの効用と難しさ 古沢襄 >>
任務を黙々と遂行 丸山公紀
16日午前中に地震が新潟、長野を襲った。マグニチュード6を越える激震は、一瞬にして柏崎、刈羽村をはじめとして、連休の最終日の平和な人々の生活を奪い、多くの死傷者を出した。とくに今回、お亡くなりになられた方が、皆、ご高齢であったことも涙を誘った。そして昨日は、追い討ちをかけるように、絶え間ない雨が降り続き、さらに地面は柔らかくなり、地すべりの危険性があるという。

一昨年の大地震が多くの死傷者を出した記憶がまだ生々しく、ようやく被災から立ち直ろうとしているところであるところに、今回の大きな揺れは大自然の猛威は、人間知を遥かに越えたものであることが改めて痛感される。

倒壊した家に住んでいた人々、生命を落とされた人々、余震の恐怖を逃れるために、避難所に駆けつけている人々と、この人々の生活に瑕疵があるわけではない。しかし、大自然は時として鬼のような形相でその人々の平安を容赦なく取りあげる。この不条理を何とか把握したいと思うからこそ、大自然に立ち向かうとする復元力、生きるエネルギーを持ちえようとしてきたのが、風雪、地震に見舞われてきた地域の歴史であったように思う。

一日も早い復興を心からお祈りしたい。

さて、この緊急の危機の折に力強かったのは、安倍首相の対応であった。選挙戦の最中、すぐに長崎から官邸に引き返し、被災地の視察に向かい、関係機関に矢継ぎ早に指示を出した。さらに自衛隊がすぐに現地に赴き、給水作業に従事した。国民はこの姿を見て、頼もしく思ったのではなかろうか。

ここには実際に政権を担当し、国民の安全を守っているのは、他ならない政府であることを如実に示している。もちろん、野党とて、選挙戦とは別に党派を越えて救援する姿勢を示しているが、この折に国会閉会中に審査会を開催している時間があるならば、政府に協力して、いかに手だてを見出すかが大切だと思う。

政権を担当し、実際に国土治安に従事している者は、色々な文句をつける前に与えられた任務を黙々と遂行しようとしている。ここにこそ国家、国民の安全が維持されていることを考える必要がある。

■この時期に首相批判をしてどうする
自民党の加藤紘一元幹事長がTBSの報道番組収録に出演し、中越沖地震発生直後に安倍首相が即座に被災地視察したことを批判、「首相は大将なのだから、官邸で指示を出すのが一番よかった」「参院選の選挙期間中でなければそういう対応をしたと思う」と述べ、首相の行動が選挙目当てのパフォーマンスであると批判したという。まるで野党の政治家の物の言い方である。

一体、この過去の政治と言っていい、この御仁は今がどんな時期であるのか理解しているのだろうか。

首相は、長崎での遊説を中断、すぐに官邸に引き返し、新潟へ向かった。原発所在地では、直接、被災の状況を視察することによって、関係機関にスピーディーに指示を出し、また官邸に駆足で戻った。危機の情報を把握するために直接、単身、被災地へ行き、指示を出すという、危機管理マニュアルを着実に実践した姿には、多くの国民、県民が安心感と信頼感を持ったはずである。

それを大将だから官邸で指示を出すのが最適という言は、加藤氏は何か「お山の大将」と勘違いしているのではないか。さらに選挙期間中であるから、現地視察をしたという件には、自分が政権、党の中枢にいた時にはそのようなパフォーマンスをしてきたことを端無くも暴露したことを意味するものであった。

今、自民党は、党が結束して戦わなければならいないにもかかわらず、仮にも自民党に所属しながら、党総裁の足を引っ張ってどうするのか。首相のパフォーマンスを批判するよりも、自らがバフォーマンスをすることによって、浮上しようとする政治的野心がありありである。

この心の醜い政治家こそ、現状を維持することによって、自民党も国民の期待も食潰してきたのではなかったか。この時期に馬脚を見せた姿に、今日の政治の舞台から早く降壇するべきであることを多くの国民は感じとったのではないか。
| - | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:31 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/627327
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE