<< 野坂参三の不思議 渡部亮次郎 | main | 群馬県知事選と福田待望論 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







蚊の目玉のスープ 渡部亮次郎
このスープを私はまだ飲んだ事は無い。何しろ洞窟で蚊を食べた蝙蝠(こうもり)の糞を洗うと蚊の目玉は未消化だから残る。それをスープに浮かべる、それがなんともいえぬ美味、というのだから大変だ。

各国を歩き回り様々な珍食奇食に挑戦し、たくさんの著作を出している小泉武夫さん(東京農大教授)が「実際には蚊の目玉などという代物があろうはずはない。

スープに点々と浮く黒く微細な目玉はアミのような小さなエビの子である蝦子(ハアツー)の目玉なのである。(『奇食珍食』中央公論社)と断じている。

なにしろ中国は「四足はテーブル以外、二足は梯子以外は食べる。」と揶揄されるほどの国である。飛んでるものも飛行機以外は。こんな料理があっても全く不思議ではない。

だが、肝腎の蝙蝠の糞である。蝙蝠の糞は「夜明砂」といわれるらしい。清の時代に編まれた『本草備要』を調べてみると、「夜明砂」。

「蝙蝠屎也。食蚊。砂皆蚊眼。故治目疾。」すなわち、夜明砂というのは蝙蝠の糞で、蝙蝠は蚊を食べる。砂のようなものは全部蚊の目玉だ、というのである。

ちなみに最後の、目の病気を治す、というのは、例えば動物の肝臓は肝臓の病気に効く、などという考えと同じで眼が目の病気に効く、という中国医学お得意の発想法である。一夫多妻、トドの雄のあそこを刻んで飲めば絶倫になると考えるのと同じ発想。

では、清の時代の医学書『医方集解』には眼の病気を治す「羊肝丸」という処方で夜明砂を用いることを述べ、その説明に、「蚊食血之虫、夜明砂皆蚊之眼也。故能散目中悪血而明目」とある。

さらにその注釈として、「蝙蝠食蚊而眼不化、其屎為夜明砂」とある。すなわち、蝙蝠が蚊を食べ、眼が消化されず、その糞が夜明砂である、と言うのである。先程の本草備要とほとんと同じ内容、効用を言っている。

つまり、夜明砂は蝙蝠が蚊を食べた後の糞で、蚊は人の血を吸い、蝙蝠は蚊を食べる。だからその糞は血を取り去る。と、やはり同じことを言っている。

『本草備要』には夜明砂の薬効として、「散血、明目」とあり、また上記の方剤の効用でも、夜明砂の効用を「羊肝丸」のように目に良い、という作用を取るものと、「代抵当湯」のように血を散じるもの、という作用を取るものとの2通りに集約される

明らかにこの「夜明砂」の作用は、蝙蝠の糞、という理由で考えられているのではなく、あくまでもその中の蚊の目玉−蚊が血を吸うところから「散血」、または、中に入っているところの目玉から「明目」を前提とした効用を考えての薬効なりとある。

夜明砂を使ったスープ。「夜明菜心湯」「夜明谷精湯」がそれである。ちなみに「湯」というのは中国語でスープのことである。

「夜明谷精湯」にはレシピも書いてある。翻訳の上、書いてみよう。

材料 夜明砂6グラム、羊の肝臓50グラム、谷精草6グラム、刻みネギ5つかみ、塩、コンソメスープ適量、味の素1グラム。

作り方 羊の肝臓を刻んでおく。鍋を火にかけ、スープ、夜明砂、谷精草を入れ、十数分煮込み、薬剤を取り去る。スープに羊の肝臓、ネギ、塩を入れ、十分煮込む。味の素で味を調える。

夜明砂がいくらぐらいか、そのスープがいくらか、実物に当たって、調査の結びとしたいものである。また、科学的な調査として、夜明砂の中に本当に蚊の目玉が入っているのか、内容物の分析調査も面白いであろう。

蚊の目玉のスープを求めての中国旅行、というのもバカバカしく、かつ高尚(?)。

しかし2005年の9月ごろのニュースに、この夜明砂には、かつて中国のみならず、世界中を恐怖の底に突き落としたSARSに似たウィルスが存在するとの発表があった。

「君子危うきに近寄らず。」残念であるが、夜明砂の賞味はやはり幻としておいたほうがよさそうだ。

手術の無い昔、白内障にかかった老人にすれば、「蚊の目玉のスープ」こそは最後の頼りであったのだろう。2007・07・13
| - | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:05 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/623961
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE