<< 蛇が道路を悠々と横切る街 古沢襄 | main | 「さらば、京都大学病院」 石岡荘十 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







曾慶紅が自ら辞任の噂は? 宮崎正弘
中国の歴史において戦闘中の武将が任を離れる?
それは死を意味する。日本には上杉謙信とか、神懸かりの武将がいたが、中国のようなリアル・ポリティックスの世界では起こり得ない。

一部の報道にある曾慶紅辞任説は、中国の権力闘争の本質を理解しないから想像されるのではないか。

さて6月2日の黄菊(政治局序列六位)の死去は、前にも書いたように「織り込み済み」であって、政局への影響はゼロに近かった。

第一に黄菊一族は夫人、息子を含めて以前から取り調べを受けている。
上海は、昨秋の陳良宇(上海市書記)の失脚いらい、高層の人事異動がはげしい。

第二に「ポスト黄菊」の連座、後難を恐れて黄菊の葬儀には政治局全員と江沢民が列席した。総主流派体制を国内向けにデモンストレーションする意味が含まれた。

『三国志演技』風に言えば、胡錦濤が狙うのは権力基盤の強化だ。

江沢民が党総書記、国家主席のあと、軍事委員会主席の地位を握ったのは92年である。
「上海派」のやりたい放題が開始されたのは、93年からで、体内矛盾を真っ先にすり替えるのに「反日」を組織し、一方で、目の上のたんこぶ「北京派」を排除、同時に永年の上海派のライバル「広東派」の征伐に取りかかった。

陳胡同の失脚は95年である。現職の政治局員の解任は、そのご昨年の陳良宇(上海市書記)までなかった。

当時の江沢民の狙いは権力固め、そのために必要な資金の捻出だった。
要するに広東だけに繁栄を独占させず、上海派にすべてのプロジェクトをもってきた。

広東省の「珠海デルタ」開発は、国家プロジェクトではなく、伝来の広東商人らのビジネス上手と香港、台湾からの製造業への投資の集中によった。広東は同時にトウ小平派の資金源でもあった。

上海への資源集中は93年から本格化した。
浦東開発、リニアモーター、地下鉄、金融街建設、新空港などをみよ。

江沢民ら上海派は、広東覇王といわれた葉選平を政教会議主席にまつりあげて、北京に豪邸をつくって呼び寄せ、さっと自派から李長春と広東省書記に送り込んだ。

爾来、実際にやったのは国家プロジェクトの多くを広東から奪い、政策変更によるIT、金融産業の育成は「ぜんぶ」上海派が独占、金融センターからコンピュータ工業団地にいたるまで。

つまり舞台裏で行われたことは上海派による広東派壊滅作戦。富を上海に集中させることであった。

胡錦濤は、自らが上海育ちでありながら、ことさらのように「安徽省」出身であることを強調し、清華大学卒業組であり、共産主義青年団であることを強調するのは全土にはびこる「アンチ上海」」感情を考慮してのことである。

▼上海派を一斉し、天津・北京連合の胡温執行部体制が権力固めへ
温家宝首相は、江沢民の反日路線から距離を置き、にやにや笑って日本に近づいてきた。この理由は短銃明快。「上海を叩きつぶす」ために「天津」を開発することになる。
まして温家宝は天津出身である。

陳良宇失脚直後から上海では杭州へのリニアモーターカー建設が中止と決まった。
上海に建設予定だった世界最大の「観覧車」を含む遊園地プロジェクトが中止となった。上海ディズニーランドは延期された。

上海万博は、ようやく会場の土地整備工事が始まっただけで、世界からの出店誘致が出遅れている。
上海への外国企業の進出は、静かに着実に減少している。

さて天津である。
市長として、辣腕銀行マンでエコノミストの戴相竜(前の人民銀行総裁)というエース級を2002年から天津に送り込んではいたものの、書記の張立昌が古き地盤を嵩にきて、胡路線の前途にたちはだかってきた。

67歳という高齢を理由に勇退に追い込んだ胡温執行部は、配下の張高麗を天津市新書記に任命した。

「さぁ、やるぞぅ」と、張高麗が肩をそびやかした途端に、天津市政治協商会議の宋平順主席が「自殺」した。

宋平順は天津副書記などをつとめた実力派であり、ほぼ全ての天津にまつわる「汚職」の元締めとも言われた。官製情報では「汚職」「愛人」問題がクローズアップされる。

共産党幹部の自殺は1995年北京の陳希同失脚に際しての「北京副市長」だった王宝森の「自殺」いらいである。

恥を知らない共産党員が、そもそも自殺するケースはきわめて異例であり、過去にも死刑判決のでた江青(毛沢東の第四夫人)くらいだった。

95年の王宝森の自殺も「豪邸」「愛人」「賄賂」が官製情報として流された。一説に高級ホテルのスィートルームを長期契約し、豪邸も数軒。匿った愛人が十数人。「その人、幾つ」と尋ねたことがあるが、「65歳」(当時)。

いくらタフでも愛人十数人は無理だろう。
今度の天津政教会議主任・宋平順の「自殺」にしても、「愛人」「賄賂」という噂がどこからともなく飛び交っている。パターンは95年の北京副市長のケースと酷似している。(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より)
| 宮崎正弘 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:26 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/582008
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE