<< ”政っこ”と”ハラカン”の友情 古沢襄 | main | 故郷はこの胸に 一ノ瀬綾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







誤植の饗宴 吉田仁
プロローグ・・・万太郎の名句

久保田万太郎に,こんな俳句がある。

また一つ誤植みつけぬみかん剥く

中央公論社版『久保田万太郎全句集』という本を眺めていたら突然目に飛び込んできて驚いた。“誤植”という言葉を詠い込んだ俳句とは珍しい。

私事にわたって恐縮だが,ぼくは編集・校正をナリワイとしている。いってみれば誤植を出さないよう日々努めている人間である。だから,誤植そのものに神経過敏になっているのは当然のこと,誤植という単語にも活字のうえでお目にかかるとドキッとしてしまう。万太郎の誤植という言葉を詠い込んだ俳句に思わずたじろいだのも,ひとつにそれが珍しいばかりではなく,そういう個人的な事情があったからである。

万太郎のこの句は“熱海にて文藝春秋社忘年会の砌(みぎり),志あるものうちよりて句座をひらく”と前書きがある七句のうちの一句で,1958年(昭33)の作。『流寓抄以後』という句集に収められた。

万太郎といえば,

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり

という絶唱が広く知られているが,この誤植の句もそれに劣らぬ・・・いや,ちょっとは落ちるかな? しかし,それでもこれは,いわば“隠れた名句”であるなと,近ごろ誤植に打ち込んでいる?ぼくなどは,つい嬉しくなってしまうのである。

万太郎氏,旅館のコタツにでも入って本を読んでいたのだろう。盆にはだいだい色も鮮やかな蜜柑が盛ってあって,ひょいと誤植をみつけたのをしおに,ひとつ皮を剥いたのである。

けっこう誤植が多かったにちがいない,“また一つ”という初句がよく利いている。誤植に対する諦めの果ての,なにやら泰然自若とした,飄々たる雰囲気さえ漂ってくるかのようだ。しみじみとした味わいに満ちている。俳句は二度読むのが作法だが,それでなくとも,もう一度口ずさみたくなってしまう。

また一つ誤植みつけぬみかん剥く

さて,久保田万太郎のように,誤植をパン種に一句ひねりだすような余裕をものにするには,多くの人生経験と深い心の修練を必要とする。誤植という現象は本来,物書き・編集者・校正者など本の製作陣ばかりでなく,読むほうにとっても本来は迷惑このうえもないオジャマムシである。

誤植など,ないに越したことはない。いや,誤植などあってはならず,ないのが当然である・・・と読者は思う。本をつくるがわだって,そう思っている。ところが,どんなに注意しても本ができあがってみると必ず出てくる。頭を抱えてしまい,ときには厭世自殺をしたくなるほど製作者を落ち込ませる現象,それが誤植である。

製作にかかわる立場を離れていえば,近頃は,“つまらない誤植”に対しては超然たる態度で接するようになった。万太郎の域に達していないのはもちろんだけれど, “ああ,またやってるな”と横目で軽くいなしている。かわりに,“つまらなくない誤植”に対して興味を持つようになった。

“つまらなくない誤植”とはなにか?

簡単にいえば,花のヒナゲシが“ヒゲナシ”と活字が入れ替わっている,あるいは東海道五十三次の宿駅のひとつである鞠子の名物とろゝ汁が“とゝろ汁”と入れ替わり,宮崎駿監督のアニメ映画『となりのトトロ』を思いあわして,ちょっと失笑する。

そんなたぐいの誤植。これだって,つまらないといってしまえばそれまでの,単純な誤植だが,友人との談笑のタネにはなる。

さらにいえば,ひとつの誤植という現象を梃子にして人間界の営みの一面が浮かび上がってくるかもしれないケース。この例はいまここで簡単には説明できないが,「誤植の饗宴」と銘打ったこの雑文は,そんな誤植にまつわる逸話を探してみたいと思いついたのがきっかけになっている。

本に誤植はつきもの。だったら,単にやっかいもの扱いせず,も少し違った角度から眺めてみたいというお気楽な発想でもある。“誤植をおもしろがるなど不謹慎な!” とめくじら立てずに,かるい気持ちでつきあっていただけるなら幸いである。ただ,書く立場として次のことだけは念じている。

願わくば無粋な誤植のなからんことを!

鈴木大拙,禅の研究家変じて

最初から心苦しい展開になる。古澤襄さんが主宰するカジカ文庫にこの「誤植の饗宴」という雑文を入れていただくにあたって,ひとことお詫びを述べなければならない。

ほかでもない,襄さんの著書『沢内農民の興亡』の誤植についてである。“印刷物のこの世にあるかぎり誤植はついてまわる”とはいうものの,『沢内農民の興亡』の編集・校正を担当した者として,それをお詫びせず,他人事のように「誤植の饗宴」と題したこのエッセイの筆を進めるとしたら厚顔無恥というもの。話の順序として,ここはどうしても端折ることはできないので,以下,深々と頭を下げつつ・・・

『沢内農民の興亡』に古澤家菩提寺である玉泉寺の第十九世琢神道器(たくしんどうき)という和尚さんの名が二度出てきます。20頁・46頁です。これは琢禅道器(たくぜんどうき)が正しいので,本をお持ちの方は,ぜひ訂正をお願いするとともに,深くお詫びいたします。

神と禅とは見誤りやすいところから起きた誤植である。しかし,“曹洞宗,禅寺の住職に‘神’の字がつくのはおかしい”と本ができ上がってから指摘され,ナルホドと納得し,ウ〜ンと頭を抱えた。

寺の和尚の名に神の字がつくのはおかしい――編集者・校正者としてその点にまったく思いがいたらなかったのは未熟というしかなく,責任者として著者ならびに読者に改めてお詫びを申し上げたい。

同時に,形の類似した漢字,しかも固有名詞の間違いを見落とす率は高いという校正上の常識を改めて肝に銘じたしだいである。

禅で思い出した。気分転換に笑い話をひとつ。

世界的に知られた仏教哲学者,禅の研究家に鈴木大拙がいる。彼は,ある本の著者紹介のなかで,とんでもないシロモノの研究家にされてしまったという話がある。いわく・・・“褌の研究家”。

並べてみると,禅と褌は字の形がそっくりだ。もちろん褌はフンドシ。漢字を読む能力が低下しているといわれる現在では読めない人が多いかもしれない。漢字を読めないと見過ごしてしまう,読めないとおもしろくない誤植,というものもある。

誤植を歌った短歌
石川啄木は『東京朝日新聞』の校正係として死んだ。1912年(明45)4月13日のことである。27歳の短い生涯を閉じた2ヶ月ほどのちに東雲堂書店から第2歌集『悲しき玩具』が刊行された。そのなかに,誤植を歌った短歌がある。

みすぼらしき郷里(くに)の新聞ひろげつつ,
誤植ひろへり。
今朝のかなしみ。

啄木は1909年(明42)3月1日から『東京朝日新聞』の校正に従事するかたわら,新渡戸仙岳が主筆をつとめる郷土の代表紙『岩手日報』に「胃弱通信」(同年5月26 日〜6月2日),「百回通信」(同年10月6日から28回)そのほかの原稿を送っている。

新渡戸仙岳とは啄木が盛岡中学に在学していたときに校長を務めた人である。その恩師がつくっている新聞を読みながら誤植をいくつか目にしたのだろう。校正などをナリワイにしていると,なにを読んでも目は誤植を拾ってしまう。悲しき習性といっていい。

啄木の“今朝のかなしみ”とはしかし,ささいな誤植を悲しんでいるのだろうか。

啄木の給料は当初25円。夜勤手当が,ひと晩1円ついた。これを月5円としたら,月収30
円。中学中退の学歴しかないものを採用するにしては破格の待遇だった。

月に三十円もあれば,田舎にては,
楽に暮せると――
ひよつと思へる。

渋民小学校で代用教員をつとめたときの月給が8円だったことを考えれば,物価の高い東京でも30円あれば切り詰めてやっていけないことはないはずだった。朝日在職10年の校正長加藤四郎でさえ基本給は33円である。

しかし啄木には借金があった。借金の多くは踏み倒しているが,金田一京助が保証人になった下宿屋への支払いは欠かせない。のちにアイヌ語・アイヌ文学の研究や辞書編纂の仕事で知られる言語学者金田一京助は盛岡中学の先輩である。

創刊当初の文芸誌『明星』などを啄木に貸し,ロマンチシズムを鼓吹して文学的な影響を与えた。経済的にも多大な援助を惜しまず,函館の宮崎郁雨とともに啄木の生涯を支えた恩人である。

恩人といえばもうひとり,佐藤北江もそうである。本名真一。号の北江は,ふるさと盛岡を流れる北上川にちなむ。『東京朝日新聞』生え抜きの編集長として北江は,一面識もなかった啄木を破格の待遇で拾い上げたばかりでなく,毎月給料の前借りを申し出る啄木に自腹を切って貸している。そのうえ欠勤のつづく啄木をかばい,病が重くなると多忙な勤務のなかで社の有志に諮っては醵金を集め,病床を見舞っている。

啄木は給料が入って前借り・借金を返す。貧乏にもかかわらず浪費癖があったから手元にほとんど残らない。長男真一の名は北江の本名を貰ったものだが,その長男も生後わずか24日で急逝し,第1歌集『一握の砂』の稿料は出産・薬餌・葬儀費用に消えた。母カツ・妻節子も病気で薬代がかかる。啄木自身,肺結核が重くなり,母のあとを追ってまもなく死ぬ運命にあった。

となると,“みすぼらしき郷里(くに)の新聞ひろげつつ,/誤植ひろへり。/今朝のかなしみ。”という歌に込められた“かなしみ”とは,単にぶざまな誤植を目にした悲しみなどではない。

みずからの文学的才能を貧困と病と食うための仕事に埋もれさせなければならなかった,ヒシヒシとむしばまれるような命の悲しみ・・・そういった悲哀を,“みすぼらしき郷里の新聞”や“誤植”に仮託して歌ったものにちがいない。

誤植に泣く啄木

啄木が肺結核で死んだのは1912年(明45)4月13日である。

翌日の14日に火葬され,『東京朝日新聞』は「石川啄木氏逝く」という見出しのもと「薄命なる青年詩人」として長文の記事を掲載した。15日の葬儀をとりしきったのは佐藤北江編集長。同紙は16日に啄木の葬儀を報じ,17日には松崎天民記者の短歌「弔石川啄木君」,啄木短歌の初期に多大な影響を与えた与謝野晶子の短歌「啄木氏を悼む」を掲載している。

啄木は校正係として入社したのち,校正のかたわら社会部長の渋川玄耳に抜擢されて朝日歌壇の選者になった。手当が月8円ついた。大阪朝日新聞東京出張員として社の先輩だった二葉亭四迷がロシアで肺結核に倒れて帰国の途上ベンガル湾上で客死すると,主筆の池辺三山に二葉亭全集の校正・編集・刊行事務も任された。基本給も3円上がって28円に増えた。だから,単なる“一介の校正者”としての扱いではなかった。病気で,ほとんど欠勤していたとはいえ,啄木への信頼や期待は厚かったのである。

おれが若しこの新聞の主筆ならば,
やらむ――と思ひし
いろいろの事!

と歌うほど,新聞編集にかかわる啄木の自負も大きかった。けれども経済的な柱になっているのはなにかとみれば,“一介の校正者”としての仕事である。才能への自負と現実!

啄木の校正の技術はどれほどだったか,それを伝える直接の資料にめぐりあってはいない。ただ,『二葉亭全集』の校正も任された点を考えれば一流だったにちがいない。

その啄木も誤植には最後の最後まで泣かされた。太田愛人『石川啄木と朝日新聞―― 編集長佐藤北江をめぐる人々』という本のなかでもこのエピソードは紹介されている。

『東京朝日新聞』が掲載した1912年(明45)4月14日の死亡記事のなかに,啄木の小説『鳥影』の名が出てくる。チョウエイと読む。その『鳥影』が“島影”と誤植されたうえ,“しまかげ”と誤ったルビが振られた。これは形の紛らわしい漢字の見落としなのか,あるいは記者が“島影”と思い込んで書いたのを校正係も見落としたのか。

ルビは活字を組むさいに現場の文選・植字工が振ったのかもしれないが,まず“島影”ともっともらしく誰かが誤ったところに,この誤植が残った第一因があった。つぎに校閲で事実を精確に調べなかったのが第2因である。

“みすぼらしき郷里の新聞”だけでなく,東京の一流紙もこんな誤植を犯す。あの世で記事を目にした啄木の“今朝の悲しみ”は深まっただろうか。それとも苦笑するだけだったろうか。

蛇足を付け加えるなら,啄木の死亡記事は朝日文庫『朝日新聞の記事にみる追悼録〔明治〕』に採録されているので,興味のある方は簡単に見ることができる。“紙面の明らかな誤植は編集部で改めました。”と断わってある言葉に偽りなく,“島影” は正されている。ルビはない。

さすがは朝日新聞社の校閲部というべきである。

誤植を反省する材料

『東京朝日新聞』は,こんにちの『朝日新聞』である。もともとは1879年(明12)に大阪で創刊された。その大阪本社の校閲部が編者となった『あなたも校正者』という本がある。つい最近の,1988年(昭63)に発行された。

誤植に泣かないためには,こういう校正の手引き書にも目を通さなければいけない。なかに“誤植を反省する材料”として失敗談がいろいろと載っていて参考になる。ふたつほど紹介しよう。

・ある県の警察本部広報官の署名入りで“警察といたしましては,今後も社会主義の実現のために的確,公正な広報活動に努めることとしておりますので云々”という記事が紙面に出たことがあるそうだ。

日本の警察が“社会主義の実現のために”などとは口が裂けても言うはずがない。これは“社会正義”の誤植。主と正,字の形は似ていても意味するところは大違いである。

・印刷物の誤植ではないが,こんな例もある。京都の嵐山に,日中友好のシンボルとして建てられた周恩来の記念詩碑というのがあって,その副碑に“周思来”と刻んであった。碑ができてから9年間,誰も気づかずにいて新聞で話題になったそうである。

嗚呼,朝日新聞校閲部!

『あなたも校正者』という本をとりあげたのには,なかに紹介されてある失敗談を引用したかったというより,じつはもっと興味深い事実を伝えたかったからである。

日本を代表する『朝日新聞』の大阪本社校閲部が編んだこの校正の手引き書,なんと 14ヶ所にもおよぶ正誤表がついている。そして,つぎの一文が添えられている。

“校正の入門書ですので,とりわけ校正には注意を払ったにもかかわらず,下記のような誤りがありました。謹んでおわび申し上げます。”

皮肉ではなく,こういう手引き書こそ校正の入門書としては適切かもしれない。“校正畏るべし”という出版界の名言を,身を挺して教えてくれているのだから。

漱石の正誤表

一冊の本のなかに誤植が14ヶ所あろうと,さしたる問題ではない――と言い捨ててみたい。校正者・編集者としての立場を顧みずに言えば,である。誤植が大事を引き起こす例はある。しかし,人為にミスはつきもの。誤植など人間の行ないのなかで罪の軽いほうではないか……

もちろん誤植はないにかぎる。誤植がなくて当たり前,あったら文句が出るのが出版である。黙っていれば読者が気づかない誤植もあるというのに,誠意をもって洗いざらいの正誤表をつければ,“なんだ,こんな誤植がある本を誰が買うものか”となる。印刷・添付する費用だってバカにならない。

啄木が『東京朝日新聞』の校正係になる2年前,1907年(明40)3月に主筆の池辺三山に乞われて入社したのが漱石こと夏目金之助である。

啄木と違って漱石の入社は華々しかった。月給に端的に現われている。初任給(基本給)は啄木25円,漱石200円。盛岡中学中退,渋民小学校代用教員,北海道の地方新聞を転々したあげくに上京して新聞社に拾い上げられた売れない詩人と,かたや東大卒,松山中学教師を経て熊本の五高在職中に文部省のイギリス留学生となり,帰国して一高教授・東大講師,さらに用意された東大教授の椅子をなげうって迎えられた売れっ子作家との差は歴然としている。

その漱石,東朝入社2ヶ月後の1907年5月に『文学論』を大倉書店から出版した。34 字詰め・14行,700ページにおよぶ大冊である。東大で講師を務めたさいの講義録に手を入れたものだから,内容が硬いのは仕方がない。国民的文豪漱石の著作中,最も読まれることの少ない本として知られる。

漱石夫人の鏡子は,のちに『漱石の思ひ出』という本のなかでこんな述懐をしている。

“大学で講義した「文学論」を纏めて大倉書店から出版するというので,自分でそれにかかずらっている暇もない。中川芳太郎さんを煩わして校正やら何やら一切合財お任せして居たようでした”。

大阪朝日新聞本社への顔見せも兼ねた関西旅行から帰ってきて,“本になっているのを見ると,どうしたものか大変誤植が多い。自分の予期に反したものでありましょうか,こんな間違いだらけな不満足な本は,自分の名によって世間へ出すことはならない,つまり学者的良心が許さない。早速みんな集めて来て,庭先きで焼いて了うといった剣幕でしたが,いかんせん其時すでに市へ出た後なのでどうすることも出来ませんようでした。後でそれでは気がすまなかったと見えて,正誤表を出して方々へ配ったりいたしました。”

原文は旧仮名遣いだが,新仮名に直した。“中川芳太郎さんを煩わして校正やら何やら一切合財お任せして居た”と校正を担当した人の名を挙げるのは,場合が場合だけに可哀想だ。鏡子夫人も人が悪い。

寺田寅彦の名言

半藤一利の『漱石先生ぞな,もし』という快著みると,『文学論』の正誤表というのは小さな活字で2段組み16ページにおよぶものだったと書いてある。

今度出た岩波版『漱石全集』第14巻の後記によれば,『文学論』初版の正誤表は中川芳太郎の名によって出され,1907年(明40)6月20日発行の第2刷に添えられた。そして同年7月25日発行の第3刷で本文が訂正された,ということであるらしい。

ところで,この後記には正誤表は“全八頁”と書いてあって,半藤一利のいう16ページと食い違っている。現物を見たことのないぼくにはどちらが正しいのか判断に苦しむ。

正誤表が2種類つくられたのではないと仮定すると,半藤のいう16ページと岩波編集部のいう8ページという異同は,どちらかを誤植とするより,どちらかの事実誤認といったほうが適切な感がある。

“浜の真砂と本の誤植は尽きないものである”

と半藤は誤植という現象に対して突き放した見方をしているが,誤植と受け取られているもののなかには著者の誤記がそのまま残ってしまったものの多いことも頭の隅に入れておいていい。もちろん半藤の記述が間違いだというのではない。原稿が間違っている場合,校正で訂正できないことは多いということをいいたいだけである。

しかし,そんなシチメンドクサイ話はどうでもいい。ここでは半藤の著書に紹介されている,寺田寅彦のうがった言葉を引用したかった。

『文学論』の誤植の多さには,“さすがの漱石も怒るというよりあきれ,かつ心底からガッカリした。家族はもちろん弟子も,なんといっていいか思いあぐねているなかで,寺田寅彦だけがいともあっさりといった。

「そりゃまあ,十六ページの正誤表は前代未聞のことかもしれませんが,行き届いた正誤表がついているという意味からは,著者の良心的なことを示すわけです。そう自信をもっていい」”

漱石の弟子というより,年少の友人といった趣きのある寺田寅彦の発した“行き届いた正誤表”という表現は心憎い。

漱石「先生」

鏡子夫人の『漱石の思ひ出』という本は,夫人の口述を,長女筆子と結婚した松岡譲がまとめたもの。漱石と鏡子夫人の人柄が彷彿とするエピソードがいっぱいで,おもしろい読み物になっている。初版は改造社の出版で,のち岩波書店から普及版が刊行された。

ぼくが持っているのは岩波版の12刷だが,誤植が多い。例えば,引きつけを起こすという意味の“ひきつける”が“ひけつきる”となっている。そのほか単純な誤植ばかりで,ちょっと注意すれば気づくはずのものだ。

総ルビの誤植には目を覆いたいほどだ。これも単純な誤植ばかりだが,“当選”に“らくせん”とルビが振ってあるのはどうしたことか。こういう点では出版界の名門も昔はいい加減な本造りをしていた面もあったなと思う。初刷は1929年(昭4)である。

話のタネになるような誤植はないかと思って読み返してみたが,特にこれといって目を引くものもないうちに本文を読みきってしまった。なにか物足りない。これだけ誤植があるなら,もっとおもしろい誤植を出してほしかった……?

松岡譲の「編録者の言葉」が最後についていて,その末尾に“年譜作製に松生幸雄校正に石原健生両君の力を多分にかり得た事を,ここに感謝する次第であります。”とある。文豪漱石の夫人の本だから後世に残る。名前を挙げてもらって光栄のいたりである。しかし,あとで見落としが多かったとわかって石原健生という人も困惑したにちがいない。同情しつつ巻を閉じようとしたら,ありました,最後の最後に奇妙な誤植が。

12刷という版は,岩波書店の創業80年記念“単行本リクエスト復刊”の一冊。本文は前の刷本そのままのオフセット印刷による復刻だが,奥付と巻末に載っている広告は復刻時点のもの。その巻末広告に当の『漱石の思ひ出』が載っているのも変なものだが,あわせて松岡譲の『漱石先生』ほか4冊の復刻広告も並べて掲げられているから,記念復刊にあたって漱石関係の本は2冊復刻しましたということを告知しているのである。

ところが,よく見ると鏡子夫人の『漱石の思ひ出』というタイトルが『漱石先生の思ひ出』になっている。思うに巻末広告の最初に掲げられている松岡譲の『漱石先生』に引きずられてしまったのかもしれない。あるいは『こゝろ』以来,漱石本の売上にお世話になりっぱなしの岩波書店の深層心理がなせる業かと,ついうがった見方もしてみたくなるような誤植である。

念のため,その松岡譲著『漱石先生』という一本も買い求めて巻末をのぞいてみた。案の定,こちらにも2冊が並べて広告してある。鏡子夫人の本のタイトルは,当然のごとく『漱石先生の思ひ出』と誤っている。(杜父魚文庫より)
| - | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - | pookmark |







コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/06 9:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/566456
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE