<< 芥川龍之介と鰻 吉田仁 | main | 刎頚の友じゃない 渡部亮次郎 >>
戊辰戦争と岩手県人 古澤襄
陸・海軍の将星を輩出した岩手の風土と歴史は、明治維新以降の日本近代史の興味あるテーマである。現代史懇話会の『史』にいくつかの優れたエッセイを発表した古津四郎氏が亡くなって久しいが、旧制盛岡中学の出身である古津氏は、このテーマを晩年の仕事の中心に据えている。

私は一九九七年夏、十五年ぶりに盛岡を訪れ郷土作家古沢元を再評価しようという記念講演会に招かれた。明治40年生まれの古沢元は、生きていれば九十歳、講演会を詳しく報道した岩手日報は『生誕九十年を迎えた古沢文学検証の意義を印象付ける内容となった』と評価した。

古沢元は、戦前のプロレタリア文学全盛期に登場し、武田麟太郎氏、高見順氏などと文学活動をした岩手県出身の作家である。『昭和文学盛衰史』を書いた高見氏は、戦後抑留地のシベリアで病死した古沢元の死を悲しみ、戦後『中間小説』という言葉が流行したが、そのルーツは、古沢元の雑文で使った『中間文学者』という言葉にある、と回顧している。

古津氏は、この古沢元と盛岡中学で一緒に通学し、古沢元の実弟・行夫(戦前新漫画家集団で活躍した漫画家・岸丈夫)とは同級で、旧知の仲だった。古沢兄弟が下宿した筋向かいが古津氏の家だった事情による。

古沢元の長男である私に『古沢兄弟は超世間的でさっぱり勉強しないのに、成績はよかった。兄は作家、弟は画家を志し、いずれも風変わりだった。たしかに英俊だったが、世間との付き合いなどは無頓着で、軍人で言えば石原莞爾型だった』と手紙をくれた。

古津氏は、同盟通信社の政治・軍事記者。終戦後、同盟はGHQの圧力で解体され、共同と時事のふたつの通信社になる。昭和32年の名簿をみると古津氏は京都支局長になっている。その後記事審査室長となり、昭和40年に局長待遇で定年退社した。

私の手元には昭和52年5月発行の『史』第三十三号が一冊ある。『同郷の将星たち』の表題で板垣征四郎氏、東条英機氏、米内光政氏を偲ぶ力作である。政治・軍事記者の面目が躍如としている。

昭和57年、母が亡くなって、私は夫婦作家であった古沢元・真喜の遺稿集を出版した。『びしゃもんだて夜話』という古沢元の初期の作品を表題にしたこの本は、地元の岩手日報が夕刊の一面トップで『埋もれた作品に光 郷土作家古沢元の遺稿集』の見出しで扱ってくれた。

これが縁になって、15年前、盛岡を訪れ、父と盛岡中学で一緒だった直木賞作家の森荘已池氏ら同級生と懇談することができた。さらに最高の岩手文化人といわれた太田秀穂氏にもお会いすることができた。

毎日新聞記者を振り出しに岩手日報編集局長、岩手放送社長と新聞・放送の経営で非凡な手腕をみせた太田氏だったが、日本文芸家協会会員、日本音楽著作権協会会員の肩書でわかるように『最後の南部藩士』など数多くの著作でも知られる。

盛岡中学で古沢元よりも三年後輩だったという太田氏は『明治維新は南部藩にとって、屈辱の歴史であった』という強烈な意識の持ち主である。いつの間にか明治維新以降の岩手県の苦難の歴史と、それをハネ返そうとした岩手県人の数多くの物語りに引き込まれ、私は時間のたつのを忘れた。

『東北を理解するには、戊辰戦争まで遡らないとわからない』と言ったのは、共同通信社仙台支社長になった高木早苗氏の言葉である。青森県出身の高木氏は、東北人であるが故に戊辰戦争を人よりもよく知っていたが、仙台支社長になって改めてこの凄絶な戦いの歴史が、現在も生きていることを思い知ったという。

江戸城を明け渡し、朝廷に恭順の意を表した徳川慶喜だったが、東北・北越の各藩はこれに納得せず、奥羽越列藩同盟を結んで新政府軍と干戈を交えた。藩士上下をあげて城とともに滅びた会津白虎隊の悲劇は、歴史に悲しい物語として残るが、北越の河井継之助の壮烈な戦い、薩摩の官軍と戦って負けなかった庄内藩など東北・北越の兵は辛抱強く、戦いに強かった。

岩手の盛岡藩が、この戦争に参加したのは、奥羽越列藩同盟の敗色が濃厚となった末期のことで、官軍に寝返った秋田藩を討つために明治元年8月9日に秋田藩領に進入、大館を落とし、県北の中央鷹巣まで攻め込んだ。

しかし増強された官軍と近代兵器の前に血涙を飲んで9月24日降伏する。盛岡藩が何故、不利を承知の戦争に参加し、戊辰戦争の最後の抵抗者になったのかという点については諸説がある。

藩の筆頭家老だった楢山佐渡が京都にあって、薩・長の専横を恐れた岩倉具視の策謀に乗り、藩論を参戦に持っていった説、東北になだれ込んだ官軍、とくに薩軍から残虐な乱暴、狼藉を受けた会津の農民・婦女子が船で逃れ、下北半島に漂着し、南部藩によって救助されているが、これが藩論を決めたという説、盛岡藩の戦意を支えていたのは薩・長政権に代わる新政権を自らの手で樹立し、新しい統一国家を目指したのだとする説など様々である。

楢山佐渡は敗戦の責任を一身に負って『反逆首謀』の名のもとに切腹して果てるが、大正6年盛岡市内の報恩寺で挙行された『戊辰戦争殉難者50年祭』で、時の政友行総裁の原敬が出席して、『戊辰戦争は政見の異同のみ』と祭文を読んだのは有名である。

明治維新以降の岩手県には、貧困と蔑視に耐えた忍従の歴史がある。その多くは軍人となり、皇室に忠誠を誓って、朝敵の汚名を晴らし、さらには貧困と蔑視の桎梏から逃れる数少ない道を選んでいる。

岩手県の東条英機陸軍大将と米内光政海軍大将が、昭和天皇の信頼が特に厚かったことは周知の事実である。「日米戦争は東条の下で開戦、米内の力で終戦に持ち込めた」とさえ言われている。二人の軍人の生き様、性格は対照的である。

幕末の慶応元年、盛岡藩士の子弟を教育する藩校明義堂が、作人館と改められた。修文所と昭武所のふたつの学館からなる文武一致の人材教育が主眼で、水戸の藩学・弘道館をモデルにした。

明治13年に、南部藩校・作人館の伝統を引き継いで旧制盛岡中学が創立される。創立当時は、岩手県下には、盛中のほかに、一関、遠野、福岡の三校があったが、盛中は別格で三校に先駆けて、全県下のえり抜きのエリートを集めて選抜した。しかも各学年の生徒数は、僅か2クラス100人という狭き門だった。

盛中の前身である南部藩校・作人館からは、東洋史の第一人者那珂通世氏、日本陸軍切っての英才といわれた東条英教氏、そして平民宰相として首相の座にのぼり南部人の喝采を浴びた原敬氏が輩出している。

盛中になってからは、野村胡堂氏、石川啄木氏、宮沢賢治氏、金田一京助氏という文人が育ち、軍人では陸軍の板垣征四郎氏(陸軍大臣)、海軍の米内氏(総理大臣)を双璧にして、山屋他人氏(海軍大将)、栃内曾次郎氏(海軍大将)、及川古志郎氏(海軍大将)、原敢二郎氏(海軍中将)が生まれた。

海軍大将は薩摩が17人で断然トップだが、岩手は斎藤実氏(総理大臣)を含めて5人、薩摩海軍に次ぐ南部海軍とまで言われた。総理大臣も長州の八人に次いで岩手は原敬氏、斎藤実氏、米内光政氏、東条英機氏、鈴木善幸氏と五人出している。

人材輩出の理由は、盛中が単なるエリート校でなく、程度の差はあるが『白河以北は一山百文の夷狄のなるぞ、攘夷の試練の場に至る。今ぞ、宸襟を安んじ奉る秋なり』と官軍から蔑視された郷土の名誉回復に燃えた気風が全校に漲っていたからである。太田秀穂氏、古津四郎氏の強烈とも言うべき郷土愛は、ここから生まれたといえる。

古津氏は、満州事変のときには現地特派員として満州にわたるが、そこで盛中の先輩になる関東軍高級参謀板垣征四郎氏、山形県人の作戦主任参謀石原莞爾氏と出会う。板垣氏は、南部藩筆頭教授佐々木(板垣)直作氏の孫で、盛中から仙台陸軍幼年学校に入り、近衛、平沼内閣の陸軍大臣となり、敗戦によってA級戦犯として処刑された。

古津氏は『同郷の将星たち』という9回続きの連載で、板垣、東条、米内三氏を偲ぶ作品を発表したが、『歴史は過去の出来事の綴り方だが、時の愛憎、興亡、権威の盛衰によって歴史観が違う。いつ、どこで過去の毀誉褒貶を逆転させるような新発見が掘り出されないとも限らない』と述べている。

だから古津氏が盛岡に来ると日蓮宗・法華寺に詣で、板垣家の墓にお線香とお花を捧げている。そのあと曹洞宗・久昌寺に寄り、東条家の墓に詣で、さらに米内光政氏の墓所も訪れていた。

占領政策の一環として、国際法上疑義がある『東京裁判』が開かれたが、一面では戦前には知らされなかった歴史的証言を引き出したが、勝者が敗者を一方的に裁く強引なやり方は、広田弘毅氏の死刑判決を持ち出すまでもなく公正な裁判史上の汚点を残したと思う。やはり日本人が自ら戦争責任を裁く必要があった。

『戊辰戦争は政見の異同のみ』と原敬氏が言い放ったのは、盛岡藩が敗戦してから五〇年たっている。岩手県人が自信をとり戻すのに半世紀の月日が必要だったといえる。敗戦後、六〇年以上の歳月が過ぎ去ったが、日本人は真に自信をとり戻したのであろうか。予想もしなかった経済復興で、経済大国の夢をむさぼり、安逸な現状を是とする気分が、国民全体を覆っていた気がする。自ら戦争責任を裁かなかった代償は大きい。
| - | 06:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:03 | - | - | pookmark |







コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/03/25 7:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/563488
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE