<< 明治村ってあるの 渡部亮次郎 | main | 検察官は国士になる 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







烏と猫を喰う大化け猫? 古沢襄
三月十二日夜のことだが、加藤紘一、山崎拓、古賀誠三氏と二階俊博国対委員長の四人が都内で会合をもった。初めて四人が会合をもったことから”YKK”に代わる”NYKK”の結成か!と騒がれた。新しいNYKKは、今後も定期的な会合をもつという。

この動きを快く思わない向きは”N”はともかく、あとの”YKK”は「はぐれ烏」だから、お互いに身の不運を慰めあったのだろうと酷評している。だが大いに気にしていることだけは間違いない。Nが加わったのは、Yこと山崎拓氏の派閥をそっくり頂戴する深謀遠慮だと解説する向きもある。烏を狙う猫ということか。

初めての会合だから、安倍幕府の転覆を図る密議というわけではあるまい。討幕、倒閣で走り出すには機が熟していない。だが「参院選の情勢は非常に難しい」ということで見解が一致したという。誰とはいわないが「参院で与党が過半数割れしたら、安倍政権は立ち行かなくなり、安倍退陣は避けれないとの認識でも一致した」とオフレコで述べている。

それならばポスト安倍で新NYKKの中から一人が手を挙げて良さそうなものである。そこはお互いに顔をみているということだろうか。評論家の集まりの様な気さえする。この顔ぶれで麻生太郎外相を担ぐのは無理な気がする、谷垣前財務相を念頭に置いているのだろうか。

谷垣本命なら麻生派、谷垣派、丹羽・古賀派に三分裂している旧宏池会の大同団結が先であろう。それが出来ても自民党内の主導権を握るには数が足りない。旧佐藤派の流れである津島派との連携がとれて”平成の薩長同盟”ができる。

新NYKKに比較的近い立場にいるのは、政界を引退した野中広務氏。野中氏の影響力が津島派にあれば「旧宏池会の大同団結→旧池田・旧佐藤派の同盟復活→ハト派政権」の戦略地図が描ける。しかし旧池田・旧佐藤派の同盟復活は、旧宏池会の大同団結よりも遙かに難しい。

それよりも旧YKKで二年前に袂をわかった小泉前首相が、政治から手をひいたと広言しながら、何よりも政局好きなのが気になる。森内閣当時の”加藤の乱”で野中氏と手を組んで、鎮圧行動に出ている。新NYKKの動きをみながら、ひそかに爪を研いでいるのではないか。大化け猫が、突然、現れることだってあり得る。
| - | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/504603
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE