<< 落日の旧田中派 古沢襄 | main | 愛妻・貞子のもとに旅立った丹波哲郎 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「総・幹分離」の慣例 渡部亮次郎
Asahi Com 2006年09月25日13時18分によると、安倍自民党総裁は幹事長に中川秀直を起用し、幹事長に総裁派閥以外から起用するという「総・幹分離」の慣例を破った、という。03年9月に同じ森派の安倍氏を幹事長に起用した小泉首相の手法を踏襲した形だとも。

幹事長に総裁派閥以外から起用するという「総・幹分離」の慣例とは、なんのことはない、森派の源流福田赳夫派がライバルの大平派に無理やり呑ませた「拳骨」である。それを小泉が破り、今度また安倍が破るという。政治とは「自分勝手」なものだと、つくづく思う。

<党務を仕切る幹事長は総裁の派閥とは異なる派閥から選任して、党内の派閥の調整を図る原則。1974年に椎名悦三郎が裁定によって三木総裁を選出する際に総幹分離を提唱し、三木総裁以降は総幹分離を慣例としている。(党議決定ではない)。

以降、総幹分離の原則が破られたのは、大平総裁による斎藤邦吉の幹事長起用、小泉総裁による安倍晋三の幹事長起用、今回の安倍総裁による中川秀直の幹事長起用の3例である。>(「ウィキペディア」)

これで逆に分るように「幹事長は自派から」こそが自由党、自民党の慣例だった。吉田茂、鳩山一郎、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、各総裁はみな自派から幹事長を連れてきた。ただ、三木武夫のときは他派から採った。

次の福田総裁は、椎名裁定とは無関係。嘗て総裁選挙で敗れた田中角栄にヒザを屈して、任期2年、幹事長にライバル大平正芳を据えることを条件にした「密約内閣」だったから、仕方無しに「総・幹分離」となったものだ。

秘密の約束でも、約束は守らなければならない。約束を守らないものは武士ではない、男ではないと昔から教えられて育った。ところが福田は平然と約束を破り、総裁再選出馬を宣言した。昭和53(1978)11月のことだ。福田は敗れた。

勝った大平はあまり仲はよくなかったが、自派であり、背後の強力支持者田中角栄と通じている鈴木善幸を幹事長に据えようとしたところ、福田が「総・幹分離の原則」という言いがかりをつけ妨害した。28年前、福田が言い出した「総・幹分離」。それを旧福田派が続けて2回、破っただけのことなのだ。

政治とは話し合いでなんかない。権力闘争である以上、戦争に違いない。権謀術数と談合の世界だ。中川一郎のように自殺に追い込まれた人も居る。福田が苛めた大平は心筋梗塞で急死し、小渕恵三は小沢一郎との緊張関係が脳梗塞を招いたといわれる。

殿は侍大将を腹心とした。政治は幹事長を腹心乃至はそれに近い者から選抜するのが当然である。三木を総裁にするとき、椎名が総・幹分離を条件に付けたのは、もともと非保守の過去を持つ三木の独走を牽制しただけのことだった。

以後それが守られたように見えるのは、以後の総理・総裁に「総・幹一致」を言い出す実力が無かったまでのこと。それを小泉が元に戻し、安倍が踏襲したわけ。安倍は祖父岸信介に還った。

算数をやれば,否これは小沢の術中だが、参院選に負ければ安倍政権は短命に終わるという。マスコミは早くも小沢の術中に嵌って声を揃えている。

そういうなら安倍は死に物狂いで参院選挙対策をしなくてはならない。気心の知れた中川を幹事長に起用するのは当然のことである。選挙対策に幻想や夢想は禁物だからだ。

それにしても、地方で民主党が絶対勝つと言う保証なんか何処にもない。少なくとも自民党が小沢の術中には絶対に嵌ってはいけない。民主党の土俵で相撲を取ってはいけないのだ。

1974年の椎名裁定という。32年も前のこと。裁定はもはや消滅したと見るべきだろう。それが証拠に、今度もこれで安倍に刃向かう奴なんて何処にも居ないではないか。

特に第2派閥を自任する津島派(旧田中角栄派)が3役から脱落したのに、泣き言しかいえない状態。これが赳夫さんだったら黙っていなかったろうな、と回想する。いや、津島派なんて派閥とはいえない。津島なんて角栄が認知してないもの。

26日の組閣に期待をかけているのだろうが、安倍は竹下にしてやられた父晋太郎を偲びながらの人事をするかもしれないよ。(文中敬称略)2006・09・25
| - | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:44 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/386704
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE