<< 藍ちゃんは黒潮系 古沢襄 | main | ソースを食べられない 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







金大中事件を葬った裏金 渡部亮次郎
<金大中事件、韓国政府が関与認める
73年8月に東京で起きた金大中(キム・デジュン)氏(後に大統領)拉致事件について、韓国政府の真実究明委員会は、当時の情報機関・中央情報部(KCIA)による組織ぐるみの犯行と断定する報告書をまとめた。近くKCIAの後身の国家情報院が公表する。

韓国歴代政権は一貫して事件への関与を否定してきており、政府として認めるのは初めて。報告書は当時の李厚洛(イ・フラク)KCIA部長が直接犯行を指示し、二十数人が役割を分担したことを確認。

焦点とされた朴正熙(パク・チョンヒ)大統領自身の指示については明確な証拠は見つからず、「否定する根拠はない」との結論にとどまった。>(asahi com 2006年07月26日07時48分)

朝日はまた解説記事(26日)で次のように指摘した。
<事件3カ月後の「第1次政治決着」は、日本が韓国に「韓国当局の関与が判明した場合は問題提起する」と迫ったことで知られていた。だが、韓国側の会談録では、田中角栄首相が「これは建前。日本の捜査は終結する」と金鍾泌(キム・ジョンピル)首相に約束。当時の捜査当局の意向を無視するような言質も与えていた。> (同)

この記者は世間を狭く歩いている。事件の直後、田中角栄首相と大平正芳外相宛に朴政権の日本担当相から厖大な現金が届けられ、そのために事件は真相究明が見送られ、朴政権が倒れないで済んだ、と月刊誌『文藝春秋』がすっぱ抜いて久しい

バックナンバーを捜せば出ているはず。私のメイル・マガジン『頂門の一針』319号〔2006年2月6日配信〕に記事を再録する。

金大中氏事件外交文書公開
asahi.comによると
<韓国外交通商省は、1973年の金大中(キム・デジュン)氏(前大統領)拉致事件に関する外交文書を6日付で公開した。事件は、容疑者の旧韓国中央情報部要員の聴取や金氏再来日など原状回復を要求する日本と、拒否する韓国が激しく対立した。>(2006/02/05)


私は在日韓国大使館員の言動から事件を予測していたが、夏に急遽、大阪に左遷されたので「他人事」(ひとごと)になっていた。「金大中?そのうちに何とかするさウフフ」と呟いた公使が事件とともに行方をくらまして今に至るも不明だ。

<金大中氏拉致事件 1978年8月8日、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領(当時)の独裁を批判して日本で民主化運動をしていた金大中氏が東京九段のホテル・グランド・パレスから白昼連れ去られ、一時は殺されかけながら5日後にソウルで解放された。

韓国大使館の中央情報部(KCIA、国家情報院の前身)要員である金東雲(キム・ドンウン)1等書記官(直後に帰国)の指紋が発見され、公権力による主権侵害だとして世論の対韓非難が高まった。

しかし政治決着を経て韓国捜査当局は金書記官に嫌疑なしと断定、翌74年8月に捜査打ち切りを日本に通告した。刑事事件としては関係者の海外逃亡で時効が中断したままになっている。

東亜日報が98年に報じたKCIAの内部文書によれば、金書記官らKCIA要員25人が周到に役割分担し、朴大統領も報告を受けていた。

3カ月後に金鍾泌(キム・ジョンピル)首相が来日、田中角栄首相との会談で政治決着に至ったが、会談録では、紛糾の長期化を恐れた日本側が「金氏には来日して欲しくない」「これで終わった」と言質を与えるなど、首脳間の生々しいやりとりが明らかになった。

公文書によると、73年11月2日の日韓首相会談では冒頭、田中首相が「捜査の進展状況を伝えよ」「公権力の介在が判明すれば改めて問題提起せざるを得ない」と迫った。

金首相が「それは必ずそうすることか、建前として一応、話をしておくことか」と聞くと、田中首相は「建前としてだ」と応じた。 また田中首相は「金氏が日本に来るような政治的センスのない人ならば将来性もない。来ないで欲しい」と捜査当局と逆の立場を述べ、金氏が真相を明らかにすれば後の政治活動に支障が出ることを示唆した。

さらに日本側で捜査が続いていることに話が及ぶと、田中首相は「建前はそうだが実際、日本の捜査は終結する」。「これでパー(終わり)にしよう」と言った。金首相は「この前、ホールインワンしたから自信を得たのか」とゴルフ談議に。

田中首相は「ホールインワンは偶然だが、こっちは本物だ」と応じた。公開されたのは事件直後から翌74年までの約2500ページ分。

04年にも一部が公開されたが、まとまった分量の公開は初めて。プライバシーなどに関する約3割の核心部分は除外された。>(asahi com2006年02月05日21時29分)

田中内閣は事件の1年前に成立。9月には特別機で中国を訪問、毛沢東主席、周恩来首相らと会談して共同声明に調印、日中国交正常化を達成した。これに私は同行取材した。マオタイ酒を一緒に飲んだ。

翌年になると老人(70歳以上)の医療費を無料化するなど意気が上がっていたが、持論の日本列島改造論に刺戟されて卸売物価が8・5%も上昇、野党から内閣の責任を追及されていた。角さんとすれば「いやぁ、チトいきすぎたわな」と頭をかいているところだった。

とはいえ月刊誌「文藝春秋」でペンネームながらしつこく田中批判をする渡部亮次郎というNHKの記者。無断で韓国訪問をしたことを口実に大阪への左遷をNHKにやらせてホットしているところへ持ち上がったのが金大中拉致事件だった。

政治記者が、商売の街大阪に行ってもやることがない。毎日、記者たちが書き損じてポイと捨てる紙くず拾いと辞書読みで過ごした。辞書は「漢字書き順辞典」。読破した。

ところで事件の顛末と結末は新聞の通りなのだが、問題は2つある。政府も知らなかった情報が1つ、多くの国民が話題にしなかった田中首相、大平正芳外相への韓国政府?からの謝礼金。

NHKが問題にした私の韓国行きは、まさにKCIAの招きによるもので毎日、読売、東京、時事に私を加えた5人が6月に出かけたもの。朝日の記者は直前になって取りやめた。当時の朝日は朴政権を認めずの立場だったから当然だろう。

出発に先立って東京で韓国大使館との打ち合わせがあり、金在権という名刺を差し出してきた公使と会った。しばらくして打ち解けたところで私が、東京で盛んに反朴政権活動をしている金大中について「このまま放置しておくのですか」と尋ねた。

金公使は中肉中背、外見も目つきも誠に温厚な感じの50近い男。おとなしい声で「そのうちに、何とかしますよウフフ」とうめくように答えた。不気味ともなんともない感じだったが「何とかする」事がどういう意味かは聞かないでも分かる。暗殺だと受け止めた。

大阪で新聞を読んでいると、金在権という公使は事件とともに姿を消した。そのご「アメリカへ逃亡した」という噂が流れたが、そのままである。流暢な日本語。と言っても、あの時代は韓国人は成人の殆どは日本語を話せたが。

もうひとつは何年か前、文藝春秋に元新潟県議が署名入りで書いたもので、事件の直後、朴政権の日本担当相(当時はそういうポストがあったのだ)李さんを目白の田中邸に案内したところ、李さんは持ってきた紙袋2つを角さんに示し「1つは奥さんに」といった。

すると角さんは「そうだ1つは大平君にだな」と答えた。(領収証代わりに)「色紙を書こうか」と聞くと李さんは「結構です」と断った。となっていた。雑誌の発売当時、このことをどこかに執筆したように思うが、思い出せない。文藝春秋のバックナンバーを探せば出てくるはずだ。

ソウルでは李さんと随分ウイスキーを飲んだ。「ワッタリ ガッタリ」。朴大統領の軍人時代以来の側近であったから、日本担当と言うウラの必要な仕事を任されたのだろう。

色紙を断ったところがそれを証明している。 一体いくら入っていたのだろうか、「謝礼金」。

重さは新札だと100万円で 100g,1000万円で1kg,1億だと10kg。両手で2つの紙袋は計2億円が限度か。ちょっと無理だな。いずれにしろ調達は都内の韓国企業だったはずだ。いずれ登場人物はみなあの世だ。2006.02.06 再録 2006・07・26
| - | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:33 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/317903
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE