<< 米原油在庫が予想外に減少、製油処理量の増加や輸入減で   ロイター | main | 山尾氏、元秘書に「法的措置考えている」/一問一答   産経新聞 >>
北の地対空ミサイルは計3発だった 2発失敗か   韓国・聯合ニュース

■韓国軍合同参謀本部が分析


【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のチョン・ハギュ広報室長は5日の定例記者会見で、北朝鮮が1日に東海に向け発射した短距離の地対空ミサイルについて、「3発のうち2発は数秒で(韓米軍当局の)レーダーから消え、飛行距離が短かった」と明らかにした。


韓国軍は北朝鮮が地対空ミサイルを発射した直後、北朝鮮が地対空ミサイル1発を発射したと説明していた。このミサイルは約100キロ飛行したとされる。


当時、北朝鮮は時間を置いてさらに2発発射したが軍はこれを公表しなかった。


合同参謀本部は、2発が発射直後にレーダーから消えるなど空中爆発して失敗した可能性があると判断したためと説明した。


また、チョン室長は「弾道ミサイルと地対空ミサイルでは国際社会の制裁レベルが違うという点も考慮した」と話した。北朝鮮の弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会の決議違反に当たるが地対空ミサイルはこれに該当しない。


地対空ミサイル発射の成否については「失敗したかどうか分析中」とした。


一方、米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」が北朝鮮・寧辺の核施設から煙が出ていると指摘したことについて、報道陣から質問を受けた国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は「関連状況を把握し動向を注視している」と答えた。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 韓国・聯合ニュース | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 01:49 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011732
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE