<< 残り火にあらず、サンダースが本命ヒラリーを追い詰めている   宮崎正広 | main | トランプ氏、日本の武装を改めて主張 北の核の脅威に対応で   CNN >>
中国の五大銀行の不良債権率は30%から70%も増加していた   宮崎正広

■とりわけ最悪は中国農業銀行で不良債権は2129億元(3兆8000億円)


いずれも公式発表である。実態は、この数字の十倍と考えていた方が理にかなっているが、いまはそのことは問わない。


中国経営報が伝えるところでは、五大銀行の不良債権率が急上昇しており、なかでも経営危機に近いのが中国農業銀行であるという。


五大銀行の不良債権額は次の通り。
 


  銀行名      不良債権額       前年比増加率
 ====      =======     =====
 中国銀行     1309億元       30・25%
 中国農業銀行   2129         70・33
中国工商銀行   1795         44・19
 中国建設銀行   1660         46・66
 中国交通銀行    526         30・66
 


これらの中国発表数字は、西側このノミスト等の推測統計とは、天と地ほどの差違があり、ジョン・タルボット(サブプライム危機を予測した)などは『中国の債務は30兆ドル(3450兆円)』だと言う。


もし中国経済が「ハードランディング」した場合を仮定すると、最悪でこれら債務残高うちの四割が不良債権化すると見られるから、邦貨換算で1380兆円もの不良債権が生じる。


日本のバブル破綻の比ではない。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 宮崎正弘 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:20 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011704
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE