<< 朝鮮半島は準戦争状態、核・弾道ミサイル実験続行   ロイター | main | 海自潜水艦「おやしお」が15年ぶり比寄港   時事通信社 >>
甘くしていては、人は育たない   古沢襄

わが家の庭にメジロが飛来するようになって、庭師の人から教えられたことを想い出している。


垣根とは違って、単独の花木をうまく育てるには、思い切って切ることが必要だと言われた。素人は花木を大きく育てようとする。


人それぞれだから、私も最初は肥料をたっぷりほどこし、大きく育てようとしたが、それがうまくいかない。


下枝は太くたくましくなり、山つつじなどは毎年きれいな桃色の花を咲かせてくれる。だが上枝もグングン伸びるのだが花が貧弱。枝も細くて頼りない。


メジロは太い枝を飛び移りながら、花芽の蜜を吸っていた。細い上枝は足場が不安定だから行こうとはしない。花芽も貧弱。


メジロに見捨てられる枝を伸ばしても仕方ない。人の鑑賞にもたえないと気づいてから、貧弱な上枝をみつけては切ることにした。


花木が根から吸い上げる養分のこと考えると、花木の上枝を思い切って切ることが必要なのだ。あれもこれもと高望みは禁物。


何か、人の育て方にも通じる教訓ではないか。甘くしていては人は育たない。それは本人のためにもならない。

 
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:46 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011696
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM