<< 米共和党指名争い、トランプ氏の勝率が急低下   ロイター | main | 核セキュリティーサミットに合せ、北がまたも挑発   韓国・朝鮮日報 >>
「正宗」時代の終焉 若い世代に“サケ・ブーム”広がる?  黒田勝弘

■ソウルからヨボせよ


韓国の酒というと焼酎とマッコリ(濁酒)が圧倒的だが、日本酒のような清酒もなくはない。以前は「寿福」という銘柄が日本料理店などでよく出た。近年は「清河」とか「菊香」「雪花」などもあるが全体にマイナーな感じは免れない。


こうした清酒、つまり日本酒のことを韓国では長く「チョンジョン」といってきた。漢字で書くと「正宗」で、日本統治時代の「◯◯正宗」など有力銘柄の「正宗」が日本酒の代名詞になったのだ。


ところが近年、古い世代がいなくなるにつれ、「チョンジョン」という言葉があまり聞かれなくなった。代わって日本語そのままの「サケ」が一般化している。


先週末、韓国の日本酒輸入業界と日本大使館の共催で、日本酒試飲会として日本の蔵元約80社が参加した大規模な「ソウル・サケ・フェスティバル」が開かれたが、筆者のような古くからの韓国ウオッチャーにはいささか感動的であった。訪れた人の圧倒的多数が若い男女だったからだ。


有料なのに入場者は2日間で約4千人。近年の居酒屋など和食文化に対する人気にプラスした“サケ・ブーム”を実感させる風景だった。豊かさからくる若い世代の本物志向でもあるが、古いイメージの「チョンジョン」はもはや、死語になりつつある。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 黒田勝弘 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011688
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE