<< 「トランプ降ろし」残るは劇薬、共和党の誤算と苦悩   読売新聞 | main | 「夏の蚊対策国民運動」など 新たなジカ熱対応策   NHK >>
「お香」を焚くのは、京都の老舗で覚えた   古沢襄

二、三日前から「お香(おこう)」を焚いている。仏壇の引き出しにあったものなので、香りが飛んでしまっていないかと懸念したが、上品な香りを放ってくれている。


蚊いぶしのために蚊取り線香を使かっているが、強い匂いで人間まで燻される。何かよい知恵がないかと考えて、お香を焚いてみた。蚊取り線香とお香のダブル煙で参ってしまうとも思ったが、匂いには悪臭を消す力がある。


戦前はくみ取り式の便所だったので、匂い対策で工夫が施されていた。いまは水洗式なのでスーパーで芳香剤を買ってくれば事足りる。だが居間にトイレの芳香剤を置いておくのもどうなのかな?


そこで居間と玄関に「お香」を焚いてみることにした。


わが家には二種類のお香があった。お香を焚く道具も二種類。小さいお香と道具が本物なのだろうが、いまは大きいお香入りの線香を使っている。


「お香」を焚くのは、京都の老舗で覚えた。何ともいえない上品な香り。わが家のものは、それには及びもつかないが、日本には古来、香りの文化がある。


NHKの大河ドラマ・真田丸が評判だが、私は幸村よりも木村重成の最期に心を惹かれる。


討ち死した重成の首実検で、その頭髪に香が焚きこめてあった。家康がその覚悟を感嘆したという。


重成の首は密かに彦根まで持ち帰り、宗安寺に埋めたといわれる。寺には木村重成の首塚がある。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:13 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011670
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE