<< 自民・下村氏「衆院北海道5区補選、結果は解散に直結」   産経新聞 | main | シリア軍、「イスラム国」からパルミラ奪還   ロイター >>
【大相撲春場所】優勝インタビュー中もやじ、飛ぶ布団   産経ニュース

■白鵬に涙、立ち合い直後の”変化”で異例の謝罪


大相撲の横綱白鵬関(31)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が27日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われた春場所千秋楽で、立ち合い直後の変化で横綱日馬富士関に勝ち、4場所ぶり36度目の優勝を決めた。館内で実施された優勝インタビューでは白鵬関が複雑な表情で涙を流し、謝罪を行う異例の事態となった。


白鵬関は日馬富士関を右手でけん制した後で左に動き、相手を土俵下へ出した。横綱同士の熱戦を期待した館内からはやじやブーイングが飛び交う騒然とした雰囲気になり、座布団も飛んだ。


優勝インタビューの最中にもやじを受け、白鵬関は言葉を詰まらせた。そして「ああいう変化で決まるとは思わなかったので、本当に申し訳なく思います」とファンに謝った。館内からは拍手が起き、白鵬関は人目をはばからず目頭を押さえ、手で涙を拭った。


観戦した大阪市の山名真一さん(48)は「強い大横綱の復活が見られると思っていたので残念。最後に水を差された感じ」とため息。白鵬の大ファンという仙台市の倉見昭子さん(31)は「なりふり構わず、勝ちたかったのだと思う。来場所では本来の強さをみせてくれるはず」と擁護した。


白鵬関の父ムンフバト氏は年1度のモンゴル相撲で6度優勝した。白鵬関は年6場所の大相撲に換算して36度の優勝を一つの目標にしており、「これで父と並んだ」と話した。インタビューを終えて戻った土俵上でも、タオルで目頭を押さえるなど珍しい光景があった。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 産経ニュース | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011655
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE