<< ロシア 北方領土に海軍の拠点設置を検討   NHK | main | 米主要都市で警備強化、ベルギー攻撃受け   ロイター >>
北朝鮮核兵器「小型化・弾頭化の可能性」   読売新聞

■防衛研「東アジア戦略概観2016」を公表
 

防衛省防衛研究所は25日、東アジア地域の安全保障・軍事情勢を分析した年次報告書「東アジア戦略概観2016」を公表した。
  
 
北朝鮮の核兵器について、「すでに小型化、弾頭化の実現に至っている可能性がある」と強い懸念を示した。


北朝鮮の核ミサイルに関しては、専門家の間で実戦配備は「まだ先」との見方もあるが、報告書では、核弾頭を搭載可能な潜水艦発射弾道ミサイルが配備されれば、北朝鮮の核戦力が維持される可能性が「一層高まる」と警告した。


金正恩キムジョンウン第1書記の体制については、「粛清による恐怖政治と独裁体制が強化されつつある」と分析している。


報告書では、イスラム過激派組織「イスラム国」を独立した章として初めて取り上げた。


「イスラム国」について「日本敵視を続けている」とし、邦人を標的としたテロ行為が「今後起きる可能性は否定できない」と警告した。


また、「中東に滞在する東アジア諸国の人々や在外公館へのテロ、(イスラム国による)外国人戦闘員の勧誘などを通じて、日本を含む東アジアの安全保障も脅かしている」とも指摘した


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 読売新聞 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011642
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE