<< 英保守党の「内戦」、EU残留派オズボーン財務相に打撃   ロイター | main | アメリカのベルギー観 日本のベルギー観   古沢襄 >>
稀勢の里が逆転で鶴竜下し10連勝 春場所   日刊スポーツ

■大相撲春場所 ◇10日目◇22日◇エディオンアリーナ大阪


大関稀勢の里(29=田子ノ浦)が10連勝で全勝を守った。
 

横綱鶴竜(30=井筒)ののど輪攻めからもろ差しで土俵際まで押し込まれたが、右からの小手投げで逆転勝ちした。11日目に、1敗を守った横綱白鵬(31=宮城野)と対戦する。鶴竜は3敗目を喫した。
 

大関琴奨菊(31=佐渡ケ嶽)は3敗目を喫し、今場所の綱取りが絶望的になった。かど番の豪栄道(29=境川)にすくい投げられた。豪栄道は1敗を守った。
 

横綱白鵬は、かど番照ノ富士(24=伊勢ケ浜)の右を差し、左は前まわしを引く万全の相撲で寄り切った。照ノ富士は6勝4敗となった。
 

横綱日馬富士(31=伊勢ケ浜)は、関脇豊ノ島(32=時津風)に押し倒されて3敗となった。
 

10日目を終わって全勝は稀勢の里1人で、1敗で白鵬、豪栄道、2敗で前頭6枚目妙義龍(29=境川)同11枚目逸ノ城(22=湊)が追う展開となっている。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 日刊スポーツ | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:22 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011615
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM