<< 北朝鮮 日本海に向けミサイル4発発射か   NHK | main | 人類の祖先とネアンデルタール人、多くの子孫残していた   CNN >>
上田中学の応援歌「千曲の流れ」に涙ぐむ   古沢襄

旧制上田中学(現 上田高等学校)の応援歌で「千曲の流れ」というのがあった。


1  千曲の流れ絶間なく    浅間の煙つきやらず
栄ある歴史残しつつ    星霜ここに六十の
 

2  松尾城頭学舎(まなびや)に    歓喜の声のみちみちて
 をどる血潮湧きたちぬ    ふるへやふるへ我が選手


ラ上田ラ上田上田    上田フレ


夏になると、千曲川で抜き手を使って川泳ぎををしたり。早朝は毛針を使ってハヤ釣りに興じた少年時代が懐かしい。


上田高等学校の校歌には、次のようなものがあった。


1  秋玲瓏(れいろう)の空衝(つ)きて    ゆふべ太郎の峰高し
春縹渺(へうべう)の末けむる    あした千曲の水長し 


2  関(くわん)八州の精鋭を    ここに挫(くじ)きし英雄の
義心(こころ)のあとは今もなほ    松尾が丘の花と咲く 


3  古城の門をいで入りて    不動の心山に見る
我に至高の望あり    挙世の浮華(ふくわ)に迷はむや 


4  たふとき霊血(みたま)に承(う)けて    不断の訓(をしえ)川に汲(く)む
我に至剛の誇あり    いざ百難に試みむ 


上田に行くと、中学の同級生が寿司屋に集まって、昔話に興じた。酔った勢いで校歌や応援歌を口ずさむのだが、満足に歌えた記憶がない。


いつも歌えたのは応援歌の「千曲の流れ絶間なく 浅間の煙つきやらず」まで・・。それでも涙ぐむ仲間がいた。その仲間の多くは、この世にはいない。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011604
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE