<< 芋羊羹と小魚の甘辛煮付け佃煮   古沢襄 | main | 弾道ミサイル発射で北朝鮮に抗議=安倍首相   ロイター >>
北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 日本海に着弾   NHK

たかが一発の弾道ミサイルと甘くみてはいけない。


約800キロ飛翔して日本海に着弾した弾道ミサイルは「ノドン」とみられる。中距離弾道ミサイル「ノドン」の射程は1300キロ。日本の全域を射程にいれている。


北朝鮮はこの「ノドン」を約200基、実戦配備している。


■「ノドン」は、北朝鮮が1990年代までに開発した中距離弾道ミサイルで、射程が1300キロと、日本のほぼ全域が入るとみられています。


北朝鮮は、ノドンをおよそ200基を実戦配備しているとされ、2006年7月と2009年7月に、北朝鮮南東部のキッテリョン(旗対嶺)から日本海に向かってノドンとみられる弾道ミサイルを発射しました。


■防衛省は、北朝鮮が18日午前6時前、弾道ミサイルを1発発射したとみられると発表しました。韓国軍などによりますと、ミサイルはおよそ800キロ飛行して日本海に着弾したということで、韓国軍が詳しく分析しています。


防衛省は、北朝鮮が18日午前6時前、北朝鮮の西岸から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したとみられると発表しました。


これを受けて中谷防衛大臣が緊急に幹部会議を開き、防衛省・自衛隊に対して、情報収集や警戒監視にあたるよう指示をしました。


北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)第1書記は、今週、核弾頭の爆発実験と弾道ミサイルの発射を近い時期に行うための準備を指示しており、防衛省は、北朝鮮が韓国で行われているアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に反発し、挑発行為に出た可能性もあるとみて、情報収集に努めています。


■首相「情報提供を指示」


安倍総理大臣は18日午前7時すぎ、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、「けさ北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。直ちに情報収集、安全の確認、国民への情報提供を指示した。今のところ被害の発生は確認されていない」と述べました。


■防衛相「警戒監視に万全を」


中谷防衛大臣は午前7時40分ごろ、防衛省で記者団に対し、「現在までの情報では本日午前5時54分ごろ、北朝鮮西岸から1発のミサイルを東方向に発射し800キロ飛しょうし、日本海に落下したとみられる。ミサイルの着水地点は、朝鮮半島の東およそ650キロの日本海上と推定される」と述べました。


そのうえで中谷大臣は、「現在、日本に被害があるという情報はない。北朝鮮の対応については、国連の決議や、米韓の軍事演習に対抗する軍事的な示威行為である可能性もあり、一層の緊張感を持って引き続き情報収集、警戒監視に万全を期すようにとの指示をした。防衛省としては、弾道ミサイルの発射も含めて北朝鮮の軍事動向については、アメリカや韓国をはじめとする関係国と緊密に連携して、情報収集や警戒監視に努め、わが国の平和と安全のために対応していきたい」と述べました。


■韓国通信社 「発射はノドン 日本海に着弾」


韓国軍によりますと、北朝鮮は、18日午前5時55分ごろ、西部のピョンアン南道から日本海に向けて、弾道ミサイル1発を発射したということです。


韓国の通信社、連合ニュースによりますと、発射されたのは、中距離弾道ミサイル「ノドン」で、ミサイルはおよそ800キロ飛行し、日本海に着弾したということです。


また、アメリカ国防総省の当局者によりますと、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したことを確認したということです。発射されたのは、中距離弾道ミサイルのノドンとみられ、移動式の発射台が使われたとみられるということで、現在、詳しい情報を収集しているということです。


北朝鮮は今月3日にロケット弾とみられる6発を日本海に向けて発射したほか、10日にもスカッドミサイルとみられる短距離弾道ミサイル2発を日本海に発射しました。


また、15日には北朝鮮の国営メディアが、弾道ミサイルが大気圏に再突入した場合を想定した模擬実験に成功したと伝え、実験に立ち会ったキム・ジョンウン(金正恩)第1書記が、核弾頭の爆発実験とさまざまな種類の弾道ミサイルの発射を近い時期に行うための準備を指示したとしていました。


■ノドンとは


「ノドン」は、北朝鮮が1990年代までに開発した中距離弾道ミサイルで、射程が1300キロと、日本のほぼ全域が入るとみられています。


北朝鮮は、ノドンをおよそ200基を実戦配備しているとされ、2006年7月と2009年7月に、北朝鮮南東部のキッテリョン(旗対嶺)から日本海に向かってノドンとみられる弾道ミサイルを発射しました。


また、2014年3月には、ピョンヤンの北のスクチョン(粛川)からノドンとみられる弾道ミサイルを日本海に向けて発射しました。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| NHK | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011573
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE