<< 中国の「供給側改革」、温水便座から食堂まで適用   ロイター | main | 独州議会選、与党敗北も難民政策の路線維持 政府報道官   AFP >>
中国に「親しみ感じない」、過去最高の83.2%    古沢襄

■韓国に「親しみ」は微増
 

内閣府は3月12日、「外交に関する世論調査」の結果を発表した。それによると、日本人が最も親近感を持っている国はアメリカ、反対に最も低い国は中国となった。


国別にみると、中国に「親しみを感じる」と答えた割合は前回調査(2014年10月)から横ばいの14.8%。


一方、「親しみを感じない」は同0.1ポイント増の83.2%と、1978年の調査開始以降で最も高くなった。都市規模別にみた場合、「親しみを感じる」は大都市で、「親しみを感じない」は中都市で高くなっていた。


現在の日本と中国との関係については、「良好だと思う」が同4.2ポイント増の9.5%、「良好だと思わない」は同1.2ポイント増の85.7%と、共に前回より増加した。


また、今後の日本と中国との関係の発展は、両国、アジア並びに太平洋地域にとって重要だと思うかと聞くと、73.3%が「重要だと思う」と回答した。


韓国に「親しみを感じる」と答えた割合は同1.5ポイント増の33.0%。


他方、「親しみを感じない」は同1.7ポイント減の64.7%となった。日本と韓国との関係については、「良好だと思う」は同10.5ポイント増の22.7%と大幅に回復したのに対し、「良好だと思わない」は同4.1ポイント減の73.1%に減少した。


アメリカに「親しみを感じる」とした人は同1.8ポイント増の84.4%、「親しみを感じない」は同1.8ポイント減の13.5%。


日本とアメリカの関係については、「良好だと思う」は同7.4ポイント増の88.0%、「良好だと思わない」は同4.2ポイント減の9.2%となった。


ロシアに「親しみを感じる」と答えた割合は同2.7ポイント減の17.4%、「親しみを感じない」は同2.9ポイント増の79.3%。


日本とロシアの関係については、「良好だと思う」は同0.5ポイント増の21.8%、「良好だと思わない」は同3.8ポイント増の71.0%となった。


また、北朝鮮について関心を持っていることを尋ねたところ(複数回答)、「日本人拉致問題」が83.5%(前回88.3%)で最も多く、以下、「核問題」が76.1%(54.0%)、「ミサイル問題」が60.5%(55.6%)、「政治体制」が44.6%(37.3%)と続いた。


調査期間は2016年1月7〜17日、有効回答は20歳以上の日本国籍保有者1,801人。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:35 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011546
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE