<< 米・カナダも射程内…北ミサイルで米軍司令官   読売新聞 | main | 有田焼きの茶碗は外側が緑色のものがいい   古沢襄 >>
しゅうまいは昔風の蒸し器で温める   古沢襄

煮る、焼く、蒸すことにこだわりがある。次女がメモを置いて帰った。


今夜の食事は.リタンポの残り▲▲好僖蕕離汽薀性かぶの塩もみい靴紊Δ泙ぁΑΔ箸△襦


しゅうまいは皿に置いてラップをかぶせ、SHARPの電気蒸し器で温めるのが簡単なのだが、へそ曲がりの私は大きい蒸し器に水をたっぷり入れて、10分間温める。


その方が柔らかいしゅうまいを食べられる。どうせなら、調理の仕方をいろいろ工夫してみるがいい。


東京・吉祥寺に一年ほど住んだが、繁華街で売っていた揚げたての「薩摩揚げ」に人気があった。いまでも、その店が繁盛している。


次女に吉祥寺の薩摩揚げが久しぶりに食べたいと我が儘を言ったが「九時に薩摩揚げの店に行くのは出来ないよ」と断られた。


小なりといえども次女は会社の代表。会社を放り出して、吉祥寺で途中下車して薩摩揚げを買ってきてくれと頼む方がどだい非常識。


娘だからと言って父親の頼みが何でもやってくれると思うのは一種の甘え。断る方も気にせずにポンポン蹴飛ばしてくる。


本当の親子関係というのは、案外、こういうものではないか。


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011519
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE