<< おおさか維新、京都3区補選に女性職員擁立へ   産経新聞 | main | ミャンマー与党、新大統領にスー・チー氏の元運転手を擁立   AFP >>
欧州中銀が追加緩和…マイナス金利0・4%に   読売新聞

【フランクフルト=五十棲忠史】独仏などユーロ圏(19か国)を管轄する欧州中央銀行(ECB)は10日、フランクフルトで定例理事会を開き、金融緩和策の強化を決めた。
  
 
民間銀行から余ったお金を預かる際に適用する金利(中銀預金金利)を、現在の「マイナス0・3%」から、「マイナス0・4%」へと引き下げる。16日から適用する。


ECBは、市場に大量のお金を流し込むため、昨年3月からユーロ圏の国債などを月600億ユーロ(約7・5兆円)ずつ買い入れている「量的金融緩和」の拡大にも踏み切った。


購入額を4月から月800億ユーロ(約10兆円)に増やし、買い入れ可能な金融商品の幅も広げる。6月から、民間銀行に低利で期間4年の資金供給を行うことも決めた。


ECBが追加金融緩和を行うのは、物価が持続的に下落する「デフレ」に陥ることを回避するためだ。ECBは、望ましい物価上昇率を「2%弱」としているが、ユーロ圏の2月の物価上昇率は前年同月比0・2%減と、5か月ぶりに下落に転じている。

    
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 読売新聞 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011515
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE