<< イスラム国メンバー2.2万人の名簿、英TVが元メンバーから入手   ロイター | main | 欧州市場 ゼロ金利政策でユーロ安 株価は上昇   NHK >>
ほとんどが中国やインド産なのに国産茶葉思わせる包装   産経新聞

■熊本の会社に再発防止命令


消費者庁は10日、茶葉の大半は外国産なのに国産と思わせるパッケージにしたのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、熊本県大津町の茶製造販売「村田園」に再発防止を求める措置命令を出した。


調査した公正取引委員会九州事務所によると、対象商品は「大阿蘇万能茶」など4銘柄。トウキビや大麦を中心に16〜20種類の茶葉や穀物を混ぜた「混合茶」で、国産は3種類の一部だけでほとんどが中国やインドといった外国産だった。


しかし、同社は平成21年ごろから茶葉の包装に「阿蘇の大地の恵み」と記載、日本の山里を思わせるようなイラストを入れていた。


村田園によると、4銘柄で年間10億円程度を売り上げていた。担当者は「販売先や消費者から聞かれたら外国産と答えており、国産を装ったということはない。法に疎かった面もあり、5月ごろまでに包装を変えたい」としている。

    
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 産経新聞 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011511
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM