<< トランプ氏さらに前進 クリントン氏は今後に不安も   NHK | main | 支那の「武夷茶」とイギリス人の紅茶   古沢襄 >>
インタビュー:消費増税は物価2%達成が前提   ロイター

■首相ブレーン、本田悦朗内閣官房参与の見解


[東京 9日 ロイター]安倍晋三首相の経済ブレーンである本田悦朗内閣官房参与は9日、ロイターとのインタビューに応じ、2017年4月に予定されている10%への消費再増税は早期凍結が必要との見解を示した。


また、国内経済の現状をみれば、5─7兆円規模の補正予算による経済対策が不可欠と強調。理想論として言えば、消費を活性化する観点から消費税7%への引き下げが望ましく、日銀もマイナス金利と量の「合わせ技」による追加緩和が予想されるとの見解を示した。


<サミット後の消費増税・凍結宣言望ましい>


本田参与は、足元の日本経済で個人消費の回復が鈍い点を懸念。その理由として「2014年4月の8%への消費増税により、実質所得にマイナスの影響が非常に長く続くことが歴然としてきた」と指摘。対策として1)消費再増税の凍結、2)経済対策の実施を提唱した。


日銀は現時点で物価目標2%の達成時期を2017年度前半としているが「物価が2%で安定して推移するには、半年程度の経過が必要」とし、消費増税は17年度末以降への先送りが不可欠との認識を示した。


足元の消費低迷には「来年4月の増税が意識されていることも影響している」とし、増税実施は「延期でなく凍結が望ましい」と主張した。
 

足元の消費回復のためにも「凍結宣言は早いほうがいい」と指摘。5月に開かれる「伊勢志摩サミット」で内需拡大が共同文書に明記される公算が大きく、その直後に打ち出すのが望ましいとした。


<可能ならば消費「減税」、国債増発で公共投資基金設立>


理想論としては「7%への減税を打ち出せば、国際的に非常に強いメッセージになる」と述べたが、政治的には難しいとの見解も付け加えた。


経済対策については、「需給ギャップが7兆円あり、15年度補正予算で3.5兆円を拠出したことを踏まえると最低5兆円、できれば7兆円の補正予算が必要」とした。


マイナス金利で国債発行費用が低くなっている今こそ「必要ならば国債を増発し、基金を作り公共投資の投資計画に充てる」との試案も例示した。
 

日銀の金融政策をめぐっては「昨年12月の補完措置と今年1月のマイナス金利導入を踏まえ、次の追加緩和はマイナス金利と量の合わせ技になると想像する」と述べた。
 

■三月九日の記事・論評ベスト10


‘硲孱彷咼ス不正、検察捜査対象17人に拡大   ロイター
韓国、北に独自制裁…船舶の入港禁止や資産凍結   読売新聞
コラム:G20の日本批判、ドイツの身代わりか   ロイター
ぜ膾甜毀召魍阿靴読者・掲載誌を主体の表示   古沢襄
コ価 値下がり 幅広い銘柄に売り注文   NHK


Ε灰薀燹中国、通貨防衛でまだ出せない勝利宣言   ロイター
Ч饂砂蕕離好謄襯梗他攀 地上滑走実験を公開   古沢襄
母の遺伝 「有田焼」好み   古沢襄
有田焼きの陶祖、李参平(和名 金ケ江参平)   古沢襄
「東北 豊間根家の栞」を読み解く   古沢襄

    
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| ロイター | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011502
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE