<< ヒラリーは夫君とともにウォール街のために働いた   宮崎正広 | main | 北朝鮮、米韓への「先制核攻撃」警告   AFP >>
「トランプ旋風」見過ごした米共和党上層部の誤算   ロイター

(ワシントン 2日 ロイター)昨年6月のある晩、一部の共和党大口献金者が、ユタ州ディアバレーの高級リゾートで催されたカクテルパーティーに参加していた。元マサチューセッツ州知事のミット・ロムニー氏が主催した3日間の小旅行イベントの一部である。


客たちは大統領選立候補予定者6人の話を聞いてきたばかりだった。工具メーカーであるポジテックツール社のトム・ダンカン最高経営責任者(CEO)は、翌年11月の大統領選に勝利するための夢のカードについて数人の出席者と語り合っていた。大統領候補にウィスコンシン州知事のスコット・ウォーカー氏、副大統領候補にフロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員といった布陣である。


ダンカン氏自身は、オハイオ州知事のジョン・ケーシック氏をひいきにしていたが、ヒューレット・パッカード元CEOのカーリー・フィオリーナ氏にも注目していた。だが、何カ月も前から出馬の意向をほのめかしていたドナルド・トランプ氏の名前を挙げる者は1人もいなかった。


その4日後、ニューヨーク不動産業界の大物であるトランプ氏は正式に立候補を表明し、数週間のうちに、共和党内のライバルを蹴散らして世論調査のトップに躍り出た。


トランプ氏の台頭は連日のようにテレビやソーシャルメディアで話題になったが、この時期、共和党上層部のあいだで、どのような会話がひそかに交わされていたのかは、あまり明らかにされていない。


多くの場合にある共通点があった。トランプ氏を真面目に論じることが、かたくなに拒否されていたことである。その一方で、昨夏の数カ月、トランプ氏の姿を見るためにスタジアムにはファンが詰めかけ、メディアの選挙報道は彼の話題ばかり、世論調査では老若男女を問わず支持の広がりが見られたのである。


その後数カ月、国内各地で、ディアバレーと同じような光景が、世間とは切り離された共和党のエリート層のなかで繰り返されることになる。共和党上層部の多くは、トランプ氏が最終的には自滅するか、同氏の大言壮語、無責任な中傷、「偉大なアメリカを取り戻す」という彼の約束を裏付ける確かな政策の不在に対して、国民が我慢しきれなくなると考えていた。


だが、彼らは間違っていた。


■三月七日ブログ・ベスト10


)鳴鮮の挑発を牽制 7日から米韓合同軍事演習   産経新聞
票数を追い上げてきた共和党のクルーズだが   宮崎正広
消費増税の延期、一部官Dで効果の検討開始   ロイター
な瞳獲僂琉纏襯好魁璽廚鯔未防埓詰⊇个魴弉茵  〇嵯仗景
ゥ妊ビッド・シャンボー教授の新作『中国の未来』(本邦末訳)宮崎正広


γ羚顱嵒堋清母」戦略にくさび、米国の決断   読売新聞
А峙寨優好ー大会」のパレードで破裂音 札幌   NHK
┘劵薀蝓爾鷲弖とともにウォール街のために働いた   宮崎正広
対馬市長選 比田勝さん初当選(自公推薦)   古沢襄
海自潜水艦がフィリピンへ 中国牽制が狙いか   産経新聞

    
<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| ロイター | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011486
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE