<< 中国最大財閥の「万達集団」は共産党高層部と株で繋がった   宮崎正広 | main | 金第1書記、新型ロケット砲の前で敵戦車は「ゆでたカボチャ」   古沢襄 >>
ペンギンをランニングマシンで歩かせたら? 英研究   古沢襄

■ペンギンの体重の変化と歩き方の関係について、英研究チームが実験を行った
 
 
(CNN) 英大学の研究チームがキングペンギンをランニングマシンで歩かせる実験を行い、その様子を撮影した動画を公開した。


実験は英ロ―ハンプトン大学の生命科学研究チームがペンギンのよちよち歩きを生体力学的に解析する目的で実施。南極に近いインド洋クローゼ諸島のポセッション島で、体の大きいオスのペンギン10匹を捕獲し、14日間の餌断ちをさせる前と後にランニングマシンで歩かせて、脂肪の状態や歩き方の変化などを調べた。


ペンギンたちは前もってランニングマシンでの歩行訓練を行ったうえで、最大時速1.6キロの速度で10分間歩かせた。研究者のアストリッド・ウィレナー氏によれば、「最初はちょっと驚いた様子だったけれど、すぐに慣れた」という。


もっとも中には仰向けに寝そべって「スキーのような状態」になってしまうペンギンもいた。


キングペンギンは2番目に大きいペンギンで、成体の身長は1メートル、体重16キロ。1年の大半を海で餌を取って過ごし、繁殖期になると重い脂肪を蓄えた状態で陸へ上がり、長距離を歩いて繁殖地へ移動。約1カ月は餌を食べずに蓄えた脂肪だけで生き延びる。この間の体重の変化は激しく、体重の4分の1を失うこともある。


研究チームは、ペンギンがよちよち歩きでどう長距離を移動し、体重の大きな変化に耐えられるのかに関心があったという。ランニングマシン実験では、体重の重いペンギンほど安定性は低いものの、それでもしっかり歩けることが分かった。


これまでの研究では、海から陸へ上がったばかりで体重の重いペンギンの方が、餌を絶っていたペンギンよりも転びやすく、天敵に狙われやすいことが分かっている。(CNN)


<a href="http://www.kajika.net/">杜父魚文庫</a>

| 古澤襄 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:40 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/1011438
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

無料ブログ作成サービス JUGEM